怒りを押さえつけようとすればするほど、怒りは燃え上がる。

超人気YouTube人生相談『大愚和尚の一問一答』が、ベスト版として書籍化! 新刊『人生が確実に変わる 大愚和尚の答え』の発売を記念して、cakesで全文公開します。考えすぎてしまうあなたの背中を押す、61話+αを配信予定。今回は、第6章「平常心が一番すごい」よりお届けします!

「短気な性格で困っています。怒りを消す方法はありませんか?」
そんな相談が寄せられたことがあります。

ちょっと待ってください。そもそも、怒りってそんなに悪いものでしょうか?

怒りによる暴言・暴力は人を傷つけますし自分も傷つきますから明らかに良くないこと。でも、怒ったあなたが全面的に悪いかといえば、そうじゃない。 道を歩いていて、突然、ボールが飛んできたら瞬間的に目をつぶったり、身を縮めたり、避けたりするでしょう?

怒りは、生きていくのに必要な防衛本能です。 誰かの言葉や振る舞いに反応し、身を守ろうと出てくるのが怒りです。


問題は、怒りを消そうとしていることにあります。

私たちはつい、「怒るな」と抑えつけようとしますが、それは防衛本能の暴走に対して火に油を注ぐようなもの。実はこれ、本当に怖いことなんです。

仏教には、覚(さと)りを開くための具体的な道筋が、詳細な方法論として示されています。いわば「心の揺らぐことのない安穏(あんのん)」に向けての具体的なトレーニング。

怒りをコントロールするための仏教のトレーニングを「内観」と言います。坐禅や瞑想などによって自分の心の内側を見つめるというもので、最近では、医療やビジネスのケアにも現場レベルで応用されています。

ただ、内観にもたくさんの種類があるので、調べるほど混乱してしまうかもしれません。仏教が広まり受け継がれる中で、複雑化し混沌(こんとん)としているのも事実です。 それに、いきなり「瞑想して自分の内側を見なさい」と言われても、どうしたらいいかわからず、困ってしまう人もいるでしょう。 現代に生きる皆さんがわかりやすいように、工夫して要点を伝えていくことも、私たち僧侶の役割だと思っています。

では、大愚流の怒りを鎮(しず)める簡単な内観のやり方をお伝えしましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「悩み」の出口は、目の前にある。

この連載について

初回を読む
人生が確実に変わる「大愚和尚の答え」

大愚元勝

「生きるのがラクになった」「悩みがなくなった」と大評判! いま最も視聴されている超人気YouTube人生相談『大愚和尚の一問一答』のうち、最も人生を変えうる動画をセレクトして書籍化しました。「考えすぎてしまい、行動できない…」「同じ失...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mika98022614 #スマートニュース 3ヶ月前 replyretweetfavorite