子どもとゲームの付き合い方

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第4章 小学生時の過ごさせ方

【勉強のしつけ】 テレビゲームはさせてOK。ただし必ず時間制限付きで

ゲームはやらせてもいいけれど、やらせ方が難しい。そう思っている方は多いと思います。私も、クリスマスや誕生日のプレゼントでゲームソフトがほしいと言われたら、何の迷いもなく買い与えていました。子どもが好きなことなら、何でもやらせてみようと思ったからです。
ところが実際、子どもがゲームをはじめてびっくりしました。  
いきなりのめり込み過ぎて、私が止めなければ永遠にやり続けているからです。「これはマズい」と思い、すぐに時間制限を決めて、明るいところでやるようにルールを決めました。

一方で、ゲームがあることのメリットもありました。  
勉強が終わってからゲームできることになっていたので、家庭学習の集中力がアップしたのです。一時期は、お楽しみのゲームをするために、勉強をがんばっていたこともありました。

ただやはり、ゲームは中毒性があります。止めるタイミングのキリが悪いと、はっと気がついたときは制限時間をかなり過ぎていることもよくありました。  
そういうときは、親子でバトルになったこともあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mihomama_story 【#cakes 連載第28回目 ‼︎】 ✒️ 第28回目は、『』です。 〜第4章 小学生時の過ごさせ方〜 是非ご覧ください😊 https://t.co/WePwmC3WFR #たかせみほ… https://t.co/TVkBU46nd9 6ヶ月前 replyretweetfavorite