コロナ禍をきっかけに、生存本能がみなぎりだした男性の話

小説家の森美樹さんが自分自身の経験を交えながら、性や恋愛について考えるこの連載。去年の年末、友人知人に「2020年、心の変化はありましたか?」と聞いてみると、性愛観が大きく変わったという男性がいたそうです。環境の変化と人間の生命力について考えていきます。

2020年は激動と呼ぶにふさわしかった。

心が四方八方に揺れ動いたのは私だけではないだろう。心が変われば環境や人間関係が変わる。2020年年末、私は〆の挨拶のついでに友人知人にLINEやメールでたずねてみた。

「2020年、心の変化はありましたか?」

「愛人を大事にするようになった」と返してきた男性

皆、時間が余っていたのか、アンケートめいたお題にもていねいにこたえてくれた。

男1「愛人を大事にするようになった」(妻じゃないんかい)
男2「離婚されそうになった」(穏やかではないが、保留ならよし)
女1「男と別れ、男と出会った」(ん? どういうこと? 展開早いな)
女2「我慢していたBLを読みまくり、煩悩を解放した」(いいぞいいぞ)

等々。アラフィフの私が投げかけるので、相手も当然アラフィフかアラカンか、アラフォーになる。ひとりずつ克明にインタビューしてみたいが、今回は「愛人を大事にするようになった」男性に焦点をあててみた。

男1、J氏(仮名)は勤続28年の50代のサラリーマン。役職もつき、家族は妻と社会人になった息子がひとり。現在は妻とふたり暮らしである。妻との仲は良好だという。愛人となる女性と出会ったのは2020年4月、翌5月には愛人関係に発展したらしい。

「Jさん、ちなみに今まで愛人を持ったり、不倫関係を築いた経験はあるんですか」

内容が内容だけに、ついよそよそしい口調になってしまう。年末にLINE上で懺悔してもらうというのもいいものだな(J氏自身にはその意識はないかもしれないが)。

「いいえ。ワンナイトラブや風俗の経験すらないです。というより、もうそういうのは卒業かと思っていたのです。肉体的にも、つまりそっちのほうも下り坂だったので」

卒業とは性生活あるいは性欲からの卒業という意味だろうけど、男の人のそれは女の人よりも肉体に左右される気がする。自らの老いを認めたJ氏がなぜいきなり、いきり立ったのか。

「それがコロナ禍になって、女性と接する機会が激減した途端に、身体が元気になってきたんです」

どういうことだろうか。性欲が復活して下半身も上向きになってきたとか?

「はい。自分の中でケリをつけたつもりが、全世界で性の営みが制限されてから肉体が反撃に出たというか。まだまだ終わりたくないという、火山の噴火みたいな勢いで」

上り坂どころか火山とな。ちゃかしたくなったがJ氏の文面はいたって真面目だ。

「それで、お相手を探したんですね」
「はい。すぐに見つかりました」

わかる、と私はスマホに向かって頷いた。恵まれすぎている環境だと、人間の生命力は発揮されない。困難や危機に直面した時、思わぬ力がみなぎるものだ。

「出会って、あっという間に燃え上がったんですよ!」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アラフィフ作家の迷走性活

森美樹

小説家の森美樹さんは、取材や趣味の場で、性のプロフェッショナルや性への探究心が強い方からさまざまな話を聞くのだそう。森さん自身も20代の頃から性的な縁に事欠かない人生でした。51歳の今、自分自身の経験を交えながら、性を追及し、迷走する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません