あまりにもインターネット的な電子葬儀体験記

イギリス在住の元国連専門機関職員、May_Roma(めいろま)さんの連載です。1月にお父様が亡くなったものの、コロナ禍の中で帰国することができなかったMay_Romaさん。イギリスにいながら、とても特殊な葬儀に参加された時の体験談です。

昨年のクリスマス頃から実家の父の容態が悪化し、残念ながら1月前半に旅立ってしまいました。

イギリスはコロナの変異株が発生していて、その感染力は一説には従来のものよりも最大で70%も高く、1月の前半の時点で死者数は昨年のピーク時をとっくに超えていました。2月はじめの時点で死者総数は約11万人で、ざっと日本の18倍です。

当然飛行機に乗って日本に帰るということも難しく、無理に帰れば移動中に感染して、自分が病に倒れるか、 日本にいる持病を抱える家族に感染させてしまうか、という可能性もじゅうぶん考えられる状況でした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shoulang インターネットて当初こんな感覚でしたね 7ヶ月前 replyretweetfavorite

death_posi 海外在住だと、コロナ禍では葬儀があっても帰国は難しい。 オンライン葬儀は大抵ZOOM配信のようですが、Twitterを利用したこんな悼み方も。 想いをシェアするという葬儀の装置としての機能は、オンラインでもある程度は可能です。 https://t.co/fnfyav0f5b 8ヶ月前 replyretweetfavorite

10ricedar てっきり“悪い感じ”かと思った いいなぁ、、、、、 8ヶ月前 replyretweetfavorite

jikangahayai お会いしたこともないのに、離れているのに、熱を感じた不思議な体験。 8ヶ月前 replyretweetfavorite