それでも会食したがる政治家たち

首都圏1都3県を対象に緊急事態宣言が発出される中、自民党の元幹事長・石破茂が、福岡県での会食に参加していたと報じられました。新型コロナ対策に法的な罰則まで検討している立法府の政治家が、次々会食を報じられている状況を、武田砂鉄さんはどう考えているのでしょうか。

「1000円の弁当で会食と言われても」

緊急事態宣言が出てもなかなか人の動きが減らないのは、それをお願いするほうがいつも通りに自由気ままに振る舞おうとするからである。教壇で「おい、学校にお菓子を持ち込むな!」と怒鳴っている先生が、ポテチを食べながら、ベタついた手をウエットティッシュで拭き取っているのだ。それを見た生徒は、学校にお菓子を持ち込んでいい合図と受け取るだろう。

それでも会食したがる政治家があまりにも多い。さほど報道されなかったが、1月5日、宇都宮市議会の自民党会派所属議員20名が議員控室で会食をし、そのうちの1名が新型コロナウイルスに感染した。参加した市議の1人が「食べたのは1000円の弁当。それで『会食』と言われても……」(1月15日・毎日新聞)と語ったそうで、そうか、まだそういう角度の言い訳が残っていたかと、感心さえしてしまう。わずかな時間でした、キチンと距離をとっていました、との言い訳を耳にしてきたが、「1000円の弁当で会食と言われても」は新しい。だって、5800円の弁当じゃないんだぜ、という頭があるのだとしたら、そのボーダーラインを聞きたい。いくらからの弁当が会食に該当するのだろう。

中高年男性ばかり
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

武田砂鉄さんが選考を担当。災間ニッポンを稀代のコラムニスト10年分のツイートで読み解く。

災間の唄

小田嶋 隆
サイゾー
2020-10-22

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nancy5757 #スマートニュース 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

mklucy0605 #スマートニュース 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

Darappao 弁当の値段が安ければ会食ではないという、この言い訳は確かに新しい。/市議「食べたのは1000円の弁当。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

yk838861 爽快な文章だなあ。https://t.co/Yl0UxWM1Oa 約2ヶ月前 replyretweetfavorite