就職氷河期を救え!#3】氷河期世代の就職難は構造的に生み出された

就職難からいまだに多くの人が苦境に立たされる氷河期世代。その当事者から上がる声は、なぜ長年にわたって見過ごされてきたのでしょうか。働き方評論家で、千葉商科大学専任講師の常見陽平氏に聞きました。

氷河期世代の就職難は構造的に生み出された

千葉商科大学 専任講師/働き方評論家・常見陽平

 氷河期世代の当事者から上がる声は、なぜ長年にわたって見過ごされてきたのか。今後の彼らへの支援はどうあるべきか。働き方評論家で、千葉商科大学専任講師の常見陽平氏に聞いた。

── そもそも就職氷河期世代、ロストジェネレーション(ロスジェネ)といった言葉が生まれたのはいつ頃ですか。

 就職氷河期という言葉のメディアでの初出は、1992年の秋。当時リクルートが発行していた就職情報誌『就職ジャーナル』誌上だった。94年には新語・流行語大賞の「審査員特選造語賞」を受賞した。

 ただ氷河期世代にもグラデーションがあり、とりわけ就職が厳しく社会的な問題として認知されるようになったのは受賞から数年後の2000年代初頭だ。リクルートが毎年公表している「大卒求人倍率」が唯一1倍を切ったのは、2000年卒の0・99倍。採用関係者の間ではこの倍率が1・6倍以上だと売り手市場で、それ未満だと買い手市場といわれることからも、この数字の厳しさがわかるだろう。

 一時的な不景気ではなく、産業構造が大きく入れ替わり、労使関係の転換も迫られた時期だった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません