紅白大トリ・MISIAに至るまでの特記事項

あけましておめでとうございます。新年最初の「ワダアキ考」は、恒例の紅白歌合戦の振り返りです。今年こそ、三山ひろしのけん玉世界記録は達成されたのでしょうか? ちなみにタイトルにMISIAとありますが、本文では全く触れていないことをご了承ください。


竹とんぼを飛ばしてほしかった三山ひろし

紅白歌合戦の醍醐味といえば、そんなに広くないステージにみんなが集まった場面で、どういったポジショニングでどのような振る舞いをするのか、事細かに観察してみるところにあった。具体的にいえば、必ず司会者の真横を陣取る和田アキ子と周辺のコミュニケーションや、みんなが笑顔でいるときに無表情で前を向いているX JAPANのPATAを堪能したいのだ。新人・ベテラン問わず「ここはみんなで集まって、とにかく賑やかにお願いします!」という強制性によって生じる細かな差異を楽しんできた。だが今年は、無観客、そして複数のスタジオを使用し、この状況下で大勢がわちゃわちゃする場面は用意されなかった。

演歌歌手には男女いずれかのアイドルをあてがう、という悪習が最小限に抑えられたのはよかったが、そもそも今回は演歌歌手枠が減らされており、去年の出場者からは、丘みどりと島津亜矢が落選している。とりわけ外出に慎重にならざるをえなかった、そして家族が帰省してこない高齢者層を意識して、前後の音楽番組でいくらでも見られるポップスよりも、演歌勢を優先して欲しかった。けん玉ギネス記録に挑戦した三山ひろしが何を歌っていたかを、現時点で思い出せる人はいないだろう。曲名は「北のおんな町」、寒風吹きすさぶ北海道の町に残された女性の気持ちを歌っていた。歌詞世界から考えると、けん玉をしている場合ではない。これまでも繰り返し言及してきたが、三山のもう一つの趣味である竹とんぼ製作のほうが曲の世界観には合うのだし、無観客だった今回こそ、客席に向けて竹とんぼを飛ばしてほしかった。

とにかく「明けない夜はない」「明日は晴れる」

大晦日、新型コロナウイルスの東京の新規感染者が1337人と急増、これまで以上の不安を抱えた状態での紅白歌合戦となった。当然、「今年はホントに大変でしたね」と振り返るのではなく「引き続きマジで大変ですね」というムードで構成されていた。結果的に、あちこちから「明けない夜はない」「明日は晴れるさ」的なメッセージが連呼されていたが、それは、こういう状況にあわせてそういう言葉を用意したのではなく、あらかじめそういうことばかり歌っている人たちがその手の歌を選んで登場した、という感じだった。「誰の心も 雨のち晴レルヤ」と歌ったゆずの大晦日の新聞全面広告紹介欄には、「やまない雨はない 喜びの歌をみんなで歌える日が来ることを信じて!」とあった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

武田砂鉄さんが選考を担当。災間ニッポンを稀代のコラムニスト10年分のツイートで読み解く。

災間の唄

小田嶋 隆
サイゾー
2020-10-22

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yu_kisuzuki リード文から笑った。今年も毎週楽しみにしております。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

nh_ew わたしも密かにティーバーでみて、阿佐ヶ谷姉妹には感動した 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

takedasatetsu 毎年書いている紅白振り返り記事です。 三山ひろしのもう一つの趣味である竹とんぼ製作のほうが曲の世界観には合うのだし、無観客だった今回こそ、客席に向けて竹とんぼを飛ばしてほしかった。 https://t.co/idvqKeHxve 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

michi_and_mint ラストであのアーティストについて言及されていて胸アツ 約2ヶ月前 replyretweetfavorite