相性抜群!豚バラとほっこりじゃがいもを、ピリ辛スープで。

今日は、有賀薫さんの新刊『なんにも考えたくない日は スープかけごはんで、いいんじゃない?』から、「豚バラ肉とじゃがいものスープかけごはん」をお届けします。サッと作れて、おいしくてお腹も大満足。台所をもっとラクに、食卓をもっと自由にするおうちごはんの提案です。

ボリュームたっぷりのスープを、ごはんにかけてハフハフ食べる。

今回は常備野菜の定番、じゃがいもです。厚めに切った豚バラ肉と一緒に煮込んでピリ辛のスープにしますが、これを白いごはんにたっぷりかけて、ボリュームあるスープかけごはんにするというもの。

基本的に鍋にどんどん入れていくワンウェイスタイルで、難しさはありません。韓国風の甘味噌、コチュジャンが甘みと辛みとうまみを受け持ってくれます。厚切りの豚バラ肉でこってり味かと思いきや、案外サラッとしているのもうれしい。スープのしみたごはんが、食べ応えのある豚肉とほろりと崩れるじゃがいもをつないでくれて、三位一体となって食欲を刺激します。

2〜3人分たっぷりできて、忙しい日の夕飯などにも最適です。鍋一つで作って、器ひとつでサラサラ食べて、後片付けも簡単! 献立を考えるのが面倒な日を、スープかけごはんが助けてくれますよ。


豚バラ肉とじゃがいものスープかけごはん


@土居麻紀子

材料(2人分) 所要時間30分

豚バラ肉 300g(ブロック、または焼き肉用の厚切り肉)
じゃがいも 中2個
長ねぎ 1本
にんにく 1片
コチュジャン 大さじ1
塩 小さじ1
ごま油 小さじ1
一味唐辛子 少々
水 700mL
ごはん 適宜

作り方
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

鍋ひとつ皿一枚で作って食べられる、簡単で失敗しにくく作り置きがきく、朝や夜遅くに食べても体に負担がかかりにくい……作る、食べる、両面において楽なスープは、忙しくて充実した食事がとれないと悩む人にぴったりの料理です。旬の野菜をたっぷり食...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yukie_sensei なんとか仕事おさめました。 遅い昼食はひとりでスープごはん。 レシピはこちら。(わたしはもやしを足しました) https://t.co/tipPib5QnD ほんとめちゃくちゃ美味しい。幸せ。 https://t.co/AszSpRCilL 5ヶ月前 replyretweetfavorite

erilions レシピはこちらです。 コチュジャンなかなか出番がなかったけどこれは良い! 5ヶ月前 replyretweetfavorite

agyrtria 旨そうぢゃw https://t.co/NQWqB 5ヶ月前 replyretweetfavorite