BABYMETALという戦略#1】知らないあなたは遅れている!日本発ヘヴィ・メタルの異色スター

昨年末の紅白にも出演して注目を集めているBABYMETAL、海外市場に挑戦した数多のアーティストも到達しえなかったことを達成していたのです。

メタル×カワイイはブルーオーシャンだった!

 松田聖子、宇多田ヒカル……海外市場に挑戦した日本の音楽アーティストはあまたいるが、その誰もが到達しえなかった地点に、10代の女の子3人が躍り出た。

 日本発のヘヴィ・メタルのダンスユニット、BABYMETAL(ベビーメタル)。2016年4月に発売した2枚目のアルバム『メタルレジスタンス』が、米国の音楽ヒットチャート・ビルボードで39位に入ったのだ。日本の音楽アーティストがトップ40に入るのは坂本九以来(14位)、53年ぶり。英国でも全英総合アルバムチャートで15位と、日本人単独のアルバムとしては冨田勲の記録(17位)を41年ぶりに更新した。

 BABYMETALとはいったい、何者なのか。ボーカルのSU-METAL(スゥメタル)、ダンスとスクリーム(合いの手)担当のYUIMETAL(ユイメタル)とMOAMETAL(モアメタル)の3人は、メタルの神であるキツネ様が遣わしたメタル復活の使徒、という設定。現実には大手芸能事務所アミューズに所属する小中学生アイドルグループ・さくら学院から派生したユニットだ。バックバンドの神バンドは国内の超一流演奏者を集めているが、白装束に死人風のメイクといういでたちは人をギョッとさせる。

 コミックバンドと誤解されかねない設定・いでたちだが、世界での人気は本物だ。2010年4月のデビュー以来、すでに三度の世界ツアーを実施。ツアー以外にも各国の音楽フェスティバルや、ほかのアーティストのステージにも数多く出演している。

レディー・ガガがラブコール
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません