SF短編「身体を売ること」

あなたの身体は、あなただけのもの

女性の《今》と《性》を描いたSF小説「ピュア」が早川書房「note」歴代アクセス数第1位の20万PV超え、Apple Books「2020年ベストブック」選出で話題の小野美由紀さんの最新短篇、SFマガジン「百合特集2021」に掲載された『身体を売ること』を全篇公開します。感染症が蔓延し人々が義体化を余儀なくされた世界の、元少女娼婦のメイドとお嬢様の物語、最終話です。(第三回はこちら

 ニナとわたしはタワーに戻った。

 思った通り、ホセからはこっぴどく叱られた。てっきりクビになるだろうと思っていたが、ニナが泣いてわたしをここに置くようホセに頼んだらしく、わたしは追い出されずに済んだ。

 ニナはわたしをますます側に置くようになった。

「このままずっと一緒にいてね、リタ」

 それを聞くたびわたしは嬉しくなったが、一方でわたしがニナの元の身体の持ち主だとは伝えられずにいた。

 あるとき、ニナはわたしに彼女の母親の形見である真珠のネックレスをくれた。

「たくさんあるし、あなたの好きなのを1つあげる」

 似合わないし、もったいないから、と言って断ったが、ニナはいいの、と言って強引に真珠の束を押し付けた。

 たくさんあるうちから1つ、迷った末に選んだ。1番小ぶりで控えめなものだ。ニナは嬉しそうにわたしに後ろを向かせ、首にネックレスをかけてくれる。合金アルミの寒々しいデコルテは、せっかくの真珠の光を素っ気なく跳ね返す。

「うん、似合うよ」

 そう、ニナは言ってくれたけど、鏡の中に写るのは、相変わらず性別も判断不能なロボットの顔で、優しい風合いのパールは不釣り合いにしか見えなかった。


 突然ニナが自室から出ることを禁じられたのは、それからすぐのことだった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

もしも、女性が男性を食べないと妊娠できない世の中になったら? 早川書房「note」歴代アクセス数第1位の衝撃作

ピュア

小野 美由紀
早川書房
2020-04-16

この連載について

初回を読む
SF短編「身体を売ること」

SFマガジン /小野美由紀

女性の《今》と《性》を描いたSF小説「ピュア」が早川書房「note」歴代アクセス数第1位の20万PV超え、Apple Books「2020年ベストブック」選出で話題の小野美由紀さんの最新短篇、SFマガジン「百合特集2021」に掲載され...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Miyki_Ono 最終話更新しました 2ヶ月前 replyretweetfavorite