選択的夫婦別姓を阻止する政治家たち

政府が近く閣議決定する第5次男女共同参画基本計画案から、当初想定されていた「選択的夫婦別氏制度」が盛り込まれないことになりました。このことに、疑問の声が上がっています。この問題について、武田砂鉄さんはどのように考えているのでしょうか?

削除された「選択的夫婦別姓」

今月中に閣議決定される第5次男女共同参画基本計画に、「選択的夫婦別姓」が盛り込まれるかどうかの攻防が続いていたが、自民党の保守層が反発しまくり、結果的に、文言は盛り込まれないこととなった。

安倍政権下で、看板政策の一つとして連呼されていたのが「女性活躍」。その目玉だったのが、2020年までに指導的地位に占める女性の割合を30%程度にする、というもの。この数値目標が記されていたのが第4次男女共同参画基本計画で、この数値目標については、ギリギリのタイミングを狙い、今年になってから、あっ、やっぱり無理でした、と匙を投げた。2012年の衆院選では自民党が公約に「確実に達成」と明記していたし、2014年の世界経済フォーラム年次総会では、安倍晋三首相が「国際公約」とまで言った。「確実に達成」「国際公約」としていたものを、「やっぱり無理でした」で済まそうとするダメ社員的な態度に、私たちはすっかり慣れてしまった。だが、それに親しむ必要はない。

「紡げ、絆を!」「誰だよ、オマエ」

選択的夫婦別姓。文字通り、頭に「選択的」がついている。夫婦が同姓か別姓かを選べるようにする制度に対して、「自由に選ばせるなんて!」と反対の声が向かう。自分の選択肢ではなく、他人の選択肢が増えるのを止めようとしている。「今宵、ウチはすき焼きにするんだから、あなたの家も焼肉ではなく、すき焼きにしなさい!」と強制しているみたいなものだ……なんて、たとえ話は不正確。なぜって、もっと奇妙だから。もっと無礼だから。生きていく上で必要な選択肢を、他人が潰しているのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

武田砂鉄さんが選考を担当。災間ニッポンを稀代のコラムニスト10年分のツイートで読み解く。

災間の唄

小田嶋 隆
サイゾー
2020-10-22

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

euramasahide (ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜) 5ヶ月前 replyretweetfavorite

sab_Xfa https://t.co/hROyfwI1dD より 他人の生きる為の選択の自由を認めない日本会議界隈の議員、この国は本当に自由の国なのか?民主主義の国なのか?改めて自民党支持者に聞きたい。 5ヶ月前 replyretweetfavorite

e_Projection 違うでしょ、「自分たちが強制させられたものを若い世代が自由にできることに対するルサンチマン」が 5ヶ月前 replyretweetfavorite

noguchi1706 https://t.co/SRJa4bHtwJ 5ヶ月前 replyretweetfavorite