甘えん坊の欲求を満たす

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第4章 小学生時の過ごさせ方

【褒め方】 褒めて、褒めて、褒めて、甘えん坊の欲求を満たす

小学生の子どもは遊びたい盛りです。特に男の子は、じっとしているより体を動かすほうが好きなので、我が子も休み時間や放課後など、暇さえあれば友だちと鬼ごっこやサッカーなどをして遊んでいました。
かといって、遊ばせてばかりもいられませんので、やるべきことはちゃんとやらせるのが親の役目です。 子どもの「遊びたい」気持ちと「勉強しよう」と思う気持ちの切り替えには、いろいろと工夫が必要でした。

小学校低学年のときの学習時間は、平日は1時間30分から2時間くらいでした。日記漢字30分、学校の宿題と公文式のプリントで1時間から1時間30分ほどです。土日はこれに、サピックスの通信教育『ピグマキッズくらぶ』や『ハイレベ100』(奨学社)など市販のドリルを2時間ほどプラスしていました。  
これらを一気にまとめてやるのは大変なので、日記漢字は朝の登校前に、宿題と公文は学校が終わって帰宅してから、友だちと遊んだりゲームをする前に終わらせるようルールを決めました。  
小学生から、週1回のスイミングと、週1回のサッカー教室の習いごともはじめたので、その日は習いごとの前に勉強を終わらせるようにしました。土日の学習は午前中がメインです。

遊んでから勉強をすると、疲れてやる気が出ません。楽しみごとが残っていないので、馬がニンジンに向かって走るような勢いもなくなります。  
でも、「勉強が終われば遊べる!」と思うと、1分でも早く終わらせるために集中するのです。  
幼児教育は、右脳と左脳を刺激するのが目的でしたから、子どものやる気が持続しなかったり、できないことがあると、「これは今日はやめとこうか」と声をかけました。そして、「何やりたい?」「何だったらできる?」と子どもがやりたいことを選ばせて、無理はさせませんでした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mihomama_story 【#cakes 連載第24回目 ‼︎】 🔖第24回目は、『』です。 是非ご覧ください😊 https://t.co/7uEwpT8bXD #たかせみほ #勉強 #褒める https://t.co/UgrqH8kUqO 10日前 replyretweetfavorite