子どものための教育

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第3章 幼児教育

【モチベーション】 「この子は何にこだわるのか?」その個性を見極める

親がいくら教育熱心になっても、子どもがやる気にならなければ学力は身につきません。それでも、ついつい子どものためと思って、いろいろやらせてみたくなるのが親心です。

何でもできるようになってほしいと思うがあまり、それが期待外れに終わると、「こんな簡単なこともできないなんて」「もっとできると思っていたのに」とガッカリしてしまう……。そんな経験がある方もいるかもしれません。

私もときどき、自分の期待を押しつけていないか気にするようにしていました。教育熱心になりすぎて、子どもを潰さないためには、「親のために子どもを教育している」のではなく、「子どものために子どもを教育している」ことを、はっきりと自覚する必要があります。

子どものための教育というのは、子ども自身が学ぶことを楽しみ、新しいことを知る喜びや面白さを知って、「やればできるんだ」という自信を持たせることです。  
では、どうすれば子どもは学ぶことを楽しむようになり、やる気を持つようになるのでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mihomama_story 【#cakes 連載第22回目 ‼︎】 🔖第22回目は、『子どものための #教育』です。 是非ご覧ください😊 https://t.co/7IqYDv8wuj #たかせみほ ✒️ 教育熱心になりすぎて、 4ヶ月前 replyretweetfavorite