酸味+塩味でおいしく、まろやかに【柿とカブのサラダ】

今回は、旬のカブを使った「柿とカブのサラダ」をご紹介します。塩でマリネしたカブと甘い柿にレモン汁が合わさることで、まろやかでおいしい味わいになります。ぜひお試しください。

寒くなるにつれてカブが美味しくなってきました。カブはアブラナ科の野菜で、独特の香りがあり、生でも火を通しても美味しい野菜です。独特の香りはメチルシステインスルホキシド(同じアブラナ科のキャベツやブロッコリーにも含まれています)という成分に由来しますが、この成分は水溶性のため、生のまま食べると香りをより生かすことができます。

今日は生のカブを浅漬的に処理し、甘みのある柿とあえてサラダにしました。カブと柿は味も食感も似ているのでよくあいます。和食では「柿なます」という定番の組み合わせです。

柿とカブのサラダ

材料

カブ…2個
塩…3g(重量の1.5%)
柿…1/2個
レモン汁…小さじ1
オリーブオイル…大さじ1


1.カブはよく洗い、根本に包丁を入れ、葉を落とす。葉はみじんぎりにし、皮ごと8等分にする。あわせてボウルに入れ、1.5%重量の塩で和え、10分置く。

2.柿は皮を剥き、薄いくし切りにする。レモン汁とオリーブオイルで和える。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kizuki_donuts さっそく作ってみた。 樋口尚哉さんの「柿と蕪のサラダ」 https://t.co/qxjWiv3tHg https://t.co/uKTB4aHw3t 5ヶ月前 replyretweetfavorite

Yellow_Happy 野菜安いので柿とカブのサラダもいっちゃいましょ https://t.co/yOS4KiGJFg 5ヶ月前 replyretweetfavorite

ymkkym おいしそう。それぞれを別々にマリネしてからあえる。ってところに意味があるような。。 5ヶ月前 replyretweetfavorite

kizuki_donuts @naoya_foodlab cakesの記事を読みました。 こちら、カブの皮ってむかなくていいのでしょうか!? 食べごろって、作ってからどのタイミングがいちばんオススメですか?? https://t.co/qxjWiv3tHg 5ヶ月前 replyretweetfavorite