図解 ワイン一年生

スペインワインの選び方と飲むべきタイミング

ワインはそこそこ飲むけれど、いつも“勘"で選んでる。そんなプチワイン好きの人のために、とっつきにくいワインの世界を、図やマンガを駆使して「これ以上ないほどわかりやすく」解説するワイン講座です。「カベルネ・ソーヴィニヨン」「シャルドネ」「ピノ・ノワール」など個性豊かなぶどうを擬人化させ、味や香りの特徴をイメージで伝えます。書籍『図解ワイン一年生』より全文公開します(毎週日曜日更新予定)。



スペインといえば、濃厚な赤。情熱的な赤。

スペイン料理を食べるとき以外、どういうときにスペインワインを飲みたくなるか。
それはもちろん躍動する闘牛のような、陽気なフラメンコダンサーのような、そんなパンチが欲しい夜です。

そういう夜はありませんか。筆者にはそういう夜があるんです。

なんにしても、スペイン=情熱の国という偏ったイメージだけではなく、本当にスペインワインの液体にはそういった情熱的な成分が物理的に入っている気がします。
飲むと情熱的になるのです。

ちなみにスペインにも「リオハ地方」とか「ペネデス地方」とかという地域分けがありますが、地域で選ぶよりも、品種で選ぶか、お酒の種類で選ぶことをおすすめします。

スペインの品種といえば、赤の「テンプラニーリョ」です。

“早熟”という意味を持つスペイン固有の最高品種で、スペインの広範囲にわたって栽培されており、どれくらい広範囲かというと、スペイン国内でも「ウイ・ダ・リャブラ」「センシベル」「ティンタ・デル・パイス」など呼び名がころころ変わってしまうほどです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ワインが10倍楽しくなる! ずっといちばん売れてるワインの本!

図解 ワイン一年生 (SANCTUARY BOOKS)

小久保尊
サンクチュアリ出版; フルカラー版
2015-11-26

この連載について

初回を読む
図解 ワイン一年生

小久保尊 /山田コロ

ワインはそこそこ飲むけれど、ワインはいつも“勘"で選んでる。そんなプチワイン好きの人のために、複雑でとっつきにくいワインの世界を、図やマンガを駆使して「これ以上ないほどわかりやすく」解説するワイン講座です。かわいい高校生に姿を変えた「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません