悩んでる人は、どう考えても幸せになれる

聖書の世界ではアメリカ式自己アピールは受けない

「仕事がつらい」「いい人になれない」…その悩み、聖書に相談してみませんか。「難しそう」「説教されそう」、そんなことはありません。フォロワー10万超の大人気ツイッターアカウント「上馬キリスト教会」のまじめ担当MAROさんが皆さんの悩みに対してキリストの言葉・聖書の言葉をもとに答えます。今回のお悩みは「不相応な役割がしんどい」です。本連載は書籍「人生に悩んだから聖書に相談してみた」の一部抜粋です。

お悩み:自分にはふさわしくない役割に任命されました......


何か新しい役目に就くときとか、誰かに必要とされたときとか、「自分はそれにふさわしいのだろうか」って心配になることってありませんか。僕はあります。しょっちゅうです。この本を書くお話をいただいたときも、それでとても心配になりました。

でも、そんな心配が頭をもたげてきたときは、自分にこう言い聞かせることにしています。「ふさわしいかどうかを決めるのは神様であって、僕ではない!」

聖書に出てくる登場人物で、大きな役目に対して「私がそれにふさわしいから、私にやらせてください!」なんて、神様に自己アピールして採用された人なんていません。むしろ反対に、神様からいきなり、「君! これに任命する!」と言われて「え? 何のこと? え—!いやいや、無理ですって。しかも、なんでいきなりこんなにとつぜん 」って、断る人がほとんどです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
悩んでる人は、どう考えても幸せになれる

MARO(上馬キリスト教会ツイッター部)

「仕事がつらい」「いい人になれない」…その悩み、聖書に相談してみませんか。「難しそう」「説教されそう」「勧誘される」、そんなことはありません。現代人に悩みはつきないけれど、聖書に出てくる人だってみんな悩んでいるし、聖書に答えを求めてい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

restart20141201 "「その日に自分が何者であるかは、その日に僕に会う人が決めること」" |MARO(上馬キリスト教会ツイッター部) @kamiumach |悩んでる人は、どう考えても幸せになれる https://t.co/ic3jI2gIDK 3ヶ月前 replyretweetfavorite

kamiumach 新刊「人生に悩んだから聖書に相談してみた」中身チラ見せ。 何かの役割に「ふさわしい」かどうか、決めるのは自分ではなく周りの人か、神様です。謙虚なことも美徳ですが「いやいや私なんか」ばっかりじゃかえって良くないこともあります。 https://t.co/TFXbGeh1Qb 3ヶ月前 replyretweetfavorite

DADA21C 何者かであるために、ふさわしい必要はありません MARO (上馬キリスト教会ツイッター部) @kamiumach 悩んでる人は、どう考えても幸せになれる https://t.co/MlwX76zbqx 3ヶ月前 replyretweetfavorite