純猥談

好き」と「したい」は違う。

会うのは月に一回、誘うのはいつも私からだった。 LINEも会う日にちを決めるだけの短いやり取りのみ。どんなにセックスしても、馬があっても、 気が許せても、私は彼を彼氏にはしたくなかった。


「好き」と「したい」は違う。


2年前、ものすごく好きだった彼氏と別れて、 私は恋愛をしばらく止めることにした。

けれど自然と出てくる性欲には勝てず、月に一回会って遊んでセックスしてくれる人にぶつけていた。

大学も地元も違う私たちがお互いを知ったのはティンダーだ。当然この関係は大学の友達も高校の仲良しも知らない。

大学以外に話し相手を探していた私にとってそのセフレは、下ネタも愚痴も受けとめてくれる貴重な存在だった。


鷲鼻で、色白で、笑うと目が細くなる。 骨張った手足は、高校の時かなり本格的にサッカーで鍛えたらしい。関西の訛りがちょっと入っている。

小さな事でもよく笑い、ヘラヘラ笑い、天性の明るさとコミュ力で人生を楽に生きてきたタイプだ。分からないことは「知らねー」と言い、真面目は話は耳を塞ぐ。

詳しく聞いた事は無いがモテることは容易に想像出来た。

きっとこの人も私を彼女にしたいとは思っていない。

私たちはお互いをねぇ、とかあのさぁとかで呼び合った。2回目のデートの後ラブホテルに入る時も彼は、笑いながら「ねぇ、入る?」とだけ言った。


私達は身体の相性が良かった。 当時他にもセフレはいたが、彼との想像以上の相性の良さにハマってしまい、それから彼だけがセフレになった。

会うのは月に一回、誘うのはいつも私からだった。 LINEも会う日にちを決めるだけの短いやり取りのみ。

どんなにセックスしても、馬があっても、 気が許せても、私は彼を彼氏にはしたくなかった。

なんとなくだがそれを彼も気づいていて、私の普段のことに余計に詮索したりしてこなかった。

お互いに肝心な部分には触れず、バイトが面倒だの、どんな友達とつるんでいるかなど、ありふれた話題だけを選んで会話を続けた。

確実に、ボーダーラインが私達の間にはあって、 それを片目でチェックしながらキスやセックスをしていた。


その日は、いつもに増して深酒をして、普段は酒も強い私達も立っていられないほどフラフラに酔っていた。

金曜日の夜の新宿のラブホテルは、勿論どこも空いてなくて、私達は空室を探して10軒以上渡り歩いて、ようやく1泊3万円のバカ高いスイートルームに辿り着いた。

ふかふかのベッドに屋外露天風呂付きの部屋。 新宿にいるとは思えない非日常感に酔いしれて、 私達はゲラゲラ笑いながらベッドになだれ込む。

少しうたた寝をしたあと彼の腕が伸びてきて、 いつもより雑に胸を揉まれる。


その日の彼は、少し違った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
純猥談

純猥談 編集部

誰もが登場人物になったかもしれない、現代の性愛にまつわる誰かの体験談が純猥談として日夜集まってきています。様々な状況に置かれた人たちから寄せられた3000件を超える投稿の中から、編集部が選りすぐった傑作を公開していきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません