純猥談

その夜、彼氏は押入れの中にいた。

付き合って二年の彼氏と同棲をしている。 その彼氏が浮気をした。 これが初めてじゃない。何度目の浮気かも分からない。
「もう二度と浮気して欲しくないから、罰を与えたいの」


二十代半ばの頃。

初めてのデートをしたその日に相手の家に泊まり、乱れたセックスをした。

一歳年下の女の子。色白で美人。キツめの性格だがサバサバしていて楽しい。

この子と付き合う事になったらいいなぁとぼんやり考えながら一緒に寝ていると朝になって叩き起こされた。

「起きてください、家の前に私の彼氏が立ってます。 すいませんが顔を伏せて玄関を出て、 振り返らず駅に向かってください。また連絡します!」

デート初日から漫画のような展開に見舞われたが、 結果、俺たちは付き合う事になった。


毎日のように会って、酒を飲みセックスをした。 俺たちはお互い若く、性に奔放だった。 それぞれが浮気を繰り返し、その度にバレては喧嘩。 そのうち性病を移し合う、泥試合のような恋愛だった。

「俺たち、もうやめとこう」

「私たち、離れた方が健康だね、きっと」

別れというより解散に近い終わり方をした。 似た者同士が集まったチームの解散。 壮絶な付き合いの末の健全な解散だった。


それから三年後。夏。

二十三時をまわった夜。突然、彼女から電話があった。

「今からうちでセックスしてくれない?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
純猥談

純猥談 編集部

誰もが登場人物になったかもしれない、現代の性愛にまつわる誰かの体験談が純猥談として日夜集まってきています。様々な状況に置かれた人たちから寄せられた3000件を超える投稿の中から、編集部が選りすぐった傑作を公開していきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ya20ss00 純猥談おすすめです。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

notkitasima #スマートニュース エッモ 約1ヶ月前 replyretweetfavorite