塩と焼いただけで優勝の美味しさ「舞茸とエリンギのグリル、ガーリックバゲットのせ」

今回のレシピは、旬の食材・きのこを堪能する「舞茸とエリンギのグリル、ガーリックバゲットのせ」をご紹介します。ただ焼くだけなのに、普段とは違う香ばしさに驚くはず。ぜひお酒と一緒にお楽しみください!

cakes読者のみなさま、こんにちは。

仕事仲間と、小さなカウンターの店で呑んでいたときのこと。塩して焼いただけでうまい野菜ナンバーワンはなんだろう、という話になりました。まあ多分1位は決められないけど、あれこれ考えるその時間がつまみになるパターン。

編集者N君は、薄切りしたカリフラワーをこんがり焼いて、仕上げに塩がいち押し。カメラマンS君は、玉ねぎを皮つきのまままるごとオーブンでじっくり焼いて、中がとろりとしたら食べる直前に塩がたまらないっすと。料理家のHさんは、アスパラか、そら豆をさやごとか、でも蒸し焼きにした蕪も捨てがたいと悩み、なかなか1番が決められない。するとその店のシェフが「僕はきのこかな……」と小さくつぶやいて、みんなはっと気が付きました。そうだ、きのこがあった、きのこじゃん! で、満場一致できのこが優勝、めでたしめでたし、とはならず(呑んでるので話は延々続く)、今度はどのきのこが1番かという、どうでもいいけど案外譲れない、酒呑みにピッタリのテーマをあーだこうだと話していました。

ということで、10月はきのこ。「舞茸とエリンギのフライパングリル、ガーリックバゲットのせ」をご紹介します。これ、拍子抜けするぐらい簡単で、つまりはただ焼くだけ。ですが、きのこって焼き方次第で食感が全然違ってくるんです。今回は、舞茸のカリッと香ばしい部分や、エリンギのジューシーさを楽しむ焼き方。

コツは唯一、触らないこと。炒め物のように、フライパンの中で混ぜながら炒めたりするのはナシ。きのこをフライパンに並べて塩を振ったら、ひたすら放置です。触っていいのは返す1回だけ。じっくりきのこの水分を飛ばしながら、時間をかけて焼く。こうすると、香ばしいカリカリの部分もできつつ、ジューシーな部分も生まれます。イメージの元は、きのこ狩りのあとの、きのこの炭火焼き。軽く焼いたバゲットは、お皿の代わりです。

じっくり焼いたきのこは、一体どこにこんなうま味があったのかと驚くほどに濃い味。さらににんにくをたっぷりこすりつけたバゲットに乗せて食べると、ワインが進んで悩ましいほど。食べる直前にレモンをぎゅっと絞って、酸味を足すのも呑めるポイントです。

では、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

「舞茸とエリンギのグリル、ガーリックバゲットのせ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

supersaworingo ワインもあることだしこれをやります |馬田草織 @saoribada |ポルトガル食堂 https://t.co/ECVdPpEvjz 5日前 replyretweetfavorite

gohstofcain バゲットもエリンギもなかったが、こちらのレシピ参考に舞茸を焼きました。美味しかったです。 10日前 replyretweetfavorite

chiruko_t これはやる。 11日前 replyretweetfavorite

yoshinon これは、美味しそうですねぇ。 12日前 replyretweetfavorite