「おひとり様」で生きていく#5】「住プラン」の準備がカギ

老後を一人でどうやって過ごすかを考える際に、大きな要素を占めるのが住まいに関する「住プラン」だ。

ライフステージに合わせて「住プラン」を決めておく
ファイナンシャル・プランナー 豊田眞弓

 老後を一人でどうやって過ごすかを考える際に、大きな要素を占めるのが住まいに関する「住プラン」だ。定年後のシニアライフは、元気に過ごせる時期と、介護が必要な時期に分けて考える必要があるほか、要介護期も軽度と重度とでは住まいの考え方は異なる。

 まずは、元気に過ごせる時期の住まいについて。定年後のおひとり様ライフを謳歌できるのはこの時期だ。どこでどう暮らすか、具体的にイメージしてみよう。

 持ち家の場合は、住み続けるならリフォームや建て替えの必要性も考えて資金の準備をしておきたい。建て替える際は、介護が必要になる時期のことも考えておく必要がある。

 住み替え例としては実家へのUターン、田舎暮らしをしたい場合や、病院など生活利便性がよい都心部に移るケース、思い切って海外移住などもあるだろう。住み替えの際には、新たに家を購入するのか、借りるのかを選ばないといけない。持ち家だと売却するのか、人に貸すのか。こうした資金面の準備が必要になる。

新たに購入するなら貸しやすい物件を

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません