スーパーの駐車場で修羅場

イタリア人の彼氏マルコと車の旅を楽しむ高橋さん。どんなこともありのままを話してほしいと主張するマルコに対し、高橋さんはネガティブなことは心に溜めて1人で消化したいと考えます。ふたりの話し合いに終着点はあるのでしょうか?
高橋景色さんによるはちゃめちゃオーストラリア滞在記!

これまでのお話はコチラからどうぞ!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
豪州で恋に落ちたら車中生活してた

高橋景色

大学卒業後、英語が喋れないままオーストラリアに飛び立った高橋景色さん。紆余曲折の末、とある男性と恋に落ちて車中生活をすることに。その半年間の出来事をユーモアたっぷりに描いていきます。 cakesクリエイターコンテスト2020の入選者...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

myukies 生まれ変わったらマルコになりたいなあ〜。頭ではわかってるんだけど、誰も自分には興味ないって思ってしまう。頭ではわかってるのがタチ悪い。 15日前 replyretweetfavorite

tamarind2015 これは…。アジア人特有ではないのでは? 自分の気持ちを正直に話すのは美徳だと韓国の人から聞きましたけど https://t.co/mABVqKbimw 16日前 replyretweetfavorite

Shar6507 どうにもうにもこういう「日本の常識が世界の非常識だと気づいている素晴らしい私を見て!」系の話にはイライラするなあ。田舎を馬鹿にすることでしか自己肯定できない輩と根は一緒なんだよなw - https://t.co/GtQttCLQyF 6ヶ月前 replyretweetfavorite

letmegohome0208 他人の価値観を中心に生きるのはおかしい、と言うのはかなり正論。 https://t.co/BpwUlbjn4p 6ヶ月前 replyretweetfavorite