​「女性の会話は共感してほしいだけ」の真実

「女性の会話は共感してほしいだけ」という説がありますが、本当にそうなのでしょうか。または、共感を求めることはいけないことなのでしょうか。男性の会話にある、ある傾向から、会話における共感について考えます。

話の合う男性とはどういう人か?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

いろんな雑誌やウェブの記事、カウンターでの会話などで、女性にどういう男性が好きなのかや、婚活での体験談などを色々聞いていると、とにかく「話があう男性が好き」「会話が面白くない男性は嫌だ」って言うんですね。

で、「会話が面白い人ってどういう人ですか?」とか「会話があうってどういう状態ですか?」って、できるだけ具体的に聞いてみることにしているんです。というのは、どうやらそこさえクリアーすれば、「恋愛成立」ということが多いからなんです。日本の婚活問題の多くが解決しそうなんです。

まず、女性からの意見でよく聞くのは、有名なあの「共感して欲しい」です。例えば、女性が「会社でこんな嫌なことがあって」と男性に相談すると、男性が「それはおかしいよ。だったらあなたは会社に対してこういう風に抗議してこういう風に改善すべきだと思う」と答えるパターンがあります。

それはまあそうなんだけど、女性としては「解決策」を知りたいのではなくて、「なるほどね。そういうことあるよね。大変だよね」と共感して欲しいという説です。こういうの、多くの「男女の違い」というような本に書いてありますよね。

もちろん、性はグラデーションなので、主語を大きくして「女性はこうだ」と決めつけるのはよくありません。ただ、この説に対して思っていることがあるのであえて書きます。実はこれって、男性がよくやりがちな「自分の話に持ち込むパターン」なんじゃないかということです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gibbous_leo ▶️ そうご理解をいただけると……ありがたいお言葉です💧 (疲れてるんだなあ😅) 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

is____ パートナーにするならどんなひとがいい?という問いに「話ができるひと」と最近はこたえていた まさにこの記事の通りで「自分の土俵に持ち込」みすぎるひとが嫌なんだよね、わたしも気をつけるようにしているけど https://t.co/tZXXItFRbB 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

tubaki_227 「女性の会話は共感してほしいだけ」の真実|林伸次 @bar_bossa | 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

kan_na_ 「女性の会話は共感してほしいだけ」の真実|林伸次 @bar_bossa | 約2ヶ月前 replyretweetfavorite