芦田愛菜は「大人顔負け」なのか

映画のイベントで「信じる」ことについて聞かれた芦田愛菜の返答が話題になっています。その際に「大人顔負け」と評されることの違和感について、武田砂鉄さんが考察します。

大人っぽさが維持されているのは大人なのか

かつての大人気子役が、すっかり大人になった様子を見かけて、「えー、〇〇くんがもう高校生だなんて!」「えー、〇〇ちゃんがお母さんになるなんて!」と驚くのが通例だが、大人になった当人は毎日のようにその声を浴び続けているのだから、相当なストレスに違いない。たとえば、会うたびにこの手の発言を告げてくる親戚のような人たちと、毎日会うことになったと想像すると、たちまちしんどい。「抜群に可愛い」子役が成長すると、「今でも可愛い」に移り変わっていくのが、「抜群に」と「今でも」の差異を探り始めれば、大人社会への邪念も噴き上がるはず。だが、それを表立って言う機会は用意されない。人生の初期段階で始まる減点方式って、どう考えても体に負荷がかかる。

『ボクらの時代』(フジテレビ系・9月13日放送)に、鈴木福・加藤清史郎・濱田龍臣という、かつての子役たちが登場した。免許をとったとか、ビールを飲んだとか、恋はしているかとか、視聴者に「えー!」を与えるコメントを重ねていたが、そういったサービストークと離れたところで、加藤の口から注目すべき発言が出た。「反抗期はなかったけど、(尾崎豊が好きだったので)盗んだバイクで走り出したかった」と述べた後、「盗んじゃダメですけどね」と添えたのだ。暴走族経験を持つ芸能人が「交通ルールは守りましょうね!」と騒ぎ立てるのとは違う。加藤は、バイクを盗んでいないのに、バイクを盗んではいけません、と言っているのである。子供の頃から、大人が欲することを口にしてきた職人芸が体に染み込んでいた。「大人になった!」ではなく、「子供の頃から培ってきた大人っぽさが大人になっても維持されている!」というのは、大人なのだろうか。我ながらなかなか壮大な問いである。

「裏切ったわけではなく、見えなかった部分が見えただけ」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

satoshique 芦田愛菜は大人顔負けなのではなく、大人なんだな。 「裏切られたとか、期待していたのにとか言うけれど、別にそれは、その人が裏切ったわけではなく、その人の見えなかった部分が見えただけ」 2ヶ月前 replyretweetfavorite

JacquelineS_H いやほんとマジで。大人が負けてるんでそれは恥じるところだろ。< 2ヶ月前 replyretweetfavorite

asidamanacutest 芦田には軸がある。大人には軸がない。 https://t.co/zBZgt9SHqm #芦田には軸がある。大人には軸がない。 https://t.co/9iFCfWSTje 2ヶ月前 replyretweetfavorite

asidamanacutest 芦田には軸がある。大人にはない。 https://t.co/zBZgt9SHqm #芦田には軸がある大人にはない。 https://t.co/MMqzxTYKWn 2ヶ月前 replyretweetfavorite