瑛人「香水」のエモさとは

今回取り上げるのは「香水」がロングヒット中の歌手・瑛人。エモいと評されるその曲から、エモいという言葉について考えます。

若者の流行を追うのを諦める

どんな人でも漏れなく年をとるので、「若者の間で流行っているもの」を理解できなくなるタイミングがやってくる。どこかの段階で、理解することを素直に諦めなければいけない。それをせずに、自分にはこれが理解できない、という主張ばかり走らせ、ダメだね最近のは、という苦言を漏らすと、その苦言は若者には届かず、若くない人の中だけで意見が揉まれることになる。それは結構虚しい光景なのだが、自分もしょっちゅうその中にいる、という自覚がある。

私は長年、『CDTV』のランキングを見続けており、「このランキングに登場するミュージシャンの過半数を理解できなくなったら、いよいよ諦める時だな」と思ってきたのだが、そもそも若者はこういったランキングと離れたところで自分の好きな音楽を取得しているそうだから、このランキングをバロメーターにする判断自体がもう、若くない人ならではのセンスなのである。

「なんなら夜の信号機でもエモい!」

『めざましテレビ』(4日・フジテレビ系)で、「『映え』はもう古い!? 10代・20代の最新日常語『エモい』のイマドキの使い方を徹底調査」と題した特集が組まれており、インタビューに答えた若者が「何でもエモいよね、最近。なんなら夜の信号機でもエモい!」と答えていた。とっても爆発力のある答えだと思った。特定の感情をピンポイントで表現するのではなく、感情を表す言葉として、使える範囲をどこまでも広げていくのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

わかりやすさの罪

武田 砂鉄
朝日新聞出版
2020-07-07

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

redwing_haichi あやふやなところが言語化されてた 最後のまとめおもしろいな 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

s_juichi 迷う 自分を疑う って大切だよね https://t.co/zrUOlckbEk 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

thinktink_jp "「なんなら夜の信号機でもエモい!」「実話を元にしているが肝心なところは別の知り合い」「ランキングの100位以内に入ったのをお..." https://t.co/j1KDJuIBEF https://t.co/BsIk65CqVx #drip_app 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

koropanda1 初めて砂鉄さんの文章あんまり同意できなかった、すごい 約1ヶ月前 replyretweetfavorite