その良し悪し、ブラインドで試した?

バーでウイスキーのオンザロックを注文すると、大きく丸い氷が1つ入っていますよね。barbossa店主・林伸次さんは、ご自身の判断で氷を3つにしているそうです。誰かが決めたルールや前情報にしばられず、ブラインドで判断することを林さんが提案します。

氷が一個の高級バー、三個のbar bossa

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

渋谷にNiruというお店があります。そこのシェフの佐保さんは、bar bossaで開催した「知らない異性10人と出会って話す会」で出会った、このcakesの編集者の方と事実婚されたので、僕の妻と4人で飲みに行ったりと、すごく親しくしていただいています。

その佐保さんがInstagramで、サッポロ黒ラベルのビールは缶と瓶で味が違うのか、ブラインドで飲みくらべをしてみた、って書かれていたんです。一般的に、缶に入ったビールは缶の味がビールに移っているから、瓶に入ったビールの方が美味しいって言われているんですね。だから、飲食店ではめったに缶ビールって見かけないですよね。

佐保さんはそこに疑問を抱いて、「ブラインドで試してみよう」と思いついたわけです。結果は、「ブラインドでは当てられなかった」けど、「比べて飲むと違う気はした」ということでした。Niruの佐保さんの料理はすごく美味しいのですが、そうかあ、普段からこういう風に味に対して疑ってみるっていう姿勢だから、あんなに美味しい料理が作れるんだなと感じました。

bar bossaでウイスキーのオンザロックを注文されると、氷は3個なんですね。日本の高級なバーだと、氷は丸くて大きいのが1個なんです。バーに行ったことがない人でもテレビCMとかで見たことあるかもしれませんが、あの大きくて丸いのが1個なのは、「表面積が小さいから氷が溶けにくい」という理由なんですね。もうこれはどんなバーの本を読んでも書いてあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

vino_cavolfiore 知識が先にくると見誤ることもあるよね、というお話 |林伸次 @bar_bossa |ワイングラスのむこう側 https://t.co/MiQwJXFXrM 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

motorkey 先入観を外して判断ことができるかどうかって特に今の時代大事よ https://t.co/HGBDnxtj2v 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

aogikaoru "本当に良いかどうかで判断できているのか?" 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

sousou37788624 先入観に囚われることなく、真理をみようとすることはとても大切なことですね👁✨ 良し悪し、ブラインドで試した?| 約2ヶ月前 replyretweetfavorite