生きたいのか死にたいのか、本当はどっちなのか考えたほうがいい

貯金が底をついたら死にたいという今回の相談者。「あなたにかける言葉はありません」という幡野広志さんですが、その真意はいったいなんなんでしょうか。

※幡野広志さんへ相談を募集しています。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

幡野さんの回答に、いつも感服しています。
今年の3月に保育士の仕事を退職して、現在は無職です。
57歳、独身です。猫と暮らしています。
年金、国民健康保険、県民税、町民税、その他様々な支払いなど、収入がなく消費するだけの毎日に、生きている価値はあるのだろうかと考える毎日です。
誰とも会話をせず暮らしています。
お金が無くなれば、更に生きている価値はゼロになりますね。
ゼロになる日をカウントダウンしています。
セルフネグレクトで孤立死する人が増えているそうです。
それは明確な自己責任です。わたしも、自己責任でお金がなくなったら死にたいと考えています。こんなわたしにかける言葉はありますか?ないですよね。。

(花子 57歳 女性)

正直なところ、あなたにかける言葉はありません。いいたいこととかおもうことは沢山あるんですけど、何をいってもたぶん全部マウンティングになってしまうとおもうんです。そもそも、ぼくとは環境も状況も違いすぎるし、価値観も違いすぎます。

ぼくはあなたよりも20歳若くて、妻子がいます。独立して10年たった個人事業主の写真家で、いろんな会社や個人から仕事の依頼をいただいて、撮影だけでなく文章も書いて収入の柱にしています。これだけですでに状況が違うし、マウンティング感ハンパないでしょう。

お金を稼ぐことよりも大切なのは、消費することと投資をすることだとおもっています。だからといってタダ働きなんてまっぴらごめんで、ぼくは写真で生計を立てて納税している社会人なんだけど、たまに写真が趣味の病人って勘違いされて、タダ働き依頼があるんです。

ボランティアはやるけど、本業でタダ働きってよほどのことでもないとやらないよね。ちゃんとお金を支払ってくれている人への裏切りだし、同業や後進の写真家へ害悪にしかなりません。

仕事は大切だけど、仕事なんて社会情勢や健康状態によって簡単に失うものだから、仕事以外にもアイデンティティの柱となるものを何本も持つことだって大切だとおもって、ぼくは薄く浅く広い多趣味です。

なにをいいたいかというと、ぼくとあなたの微かな共通点といえば、ぼくは健康的な問題で死ぬ、あなたは経済的な問題で死ぬ、いままではぼんやりとしていた死が現実的になったことぐらいです。あとはネコが好きということ、これはおおきな共通点だとおもいます。

でも、健康状態や家庭環境、就労状況や金銭感覚、年齢や生きている時代も世界も違うのだから、ちょっと言葉をかけるのとかは厳しいですよね。

じゃああなたとおなじ状況の人じゃなきゃ何もいえないのか?ということではないですけど、あなたからすれば、ぼくのアドバイスってあまりいいものにはならないとおもうんです。ただの強者の上から目線になるだけだとおもうし、それに反感を持たれて弱者の下から目線で反論されても困ってしまうし、つまりあまり噛み合わないとおもうんです。

ぼくは生きたい人には生きやすい社会であってほしいし、死にたい人には死にやすい社会であってほしいともおもっています。生きる権利は生きる義務ではないとおもっているし、生きる権利と同等に死ぬ権利を持つことも必要だとおもっています。だからお金がなくなったら死にたいという、あなたを止めるつもりもさらさらないんです。

これ先にいっておきますけど、ここで相談をするよりも、お寺や教会か役所に行って相談するほうがいいとおもいます。あなたにかける言葉はないというよりも、ぼくの言葉を聞かないほうがいいとおもうんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

幡野広志

写真家・幡野広志さんは、2017年に多発性骨髄腫という血液のガンを発症し、医師からあと3年の余命を宣告されました。その話を書いたブログは大きな反響を呼び、たくさんの応援の声が集まりました。想定外だったのは、なぜか一緒に人生相談もたくさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

maatan_223220 これすぎる https://t.co/S2RdtRexqc . https://t.co/hTOkFg2tsY 22日前 replyretweetfavorite

makisssss 生きたい人には生きやすい、死にたい人には死にやすい社会であってほしい 生きる権利は生きる義務ではない、生きる権利と同等に死ぬ権利を持つことも必要 ...刺さる。 https://t.co/RRg7CIh8he 24日前 replyretweetfavorite

WtmFc 自殺する人も きっと とっても生きたいと思ってるはず 病気や事故、様々な理由で死んでしまう人達も 「出来るなら生きたい」はず そして「生きていく」ってとっても大変💦 24日前 replyretweetfavorite

DesignYummy この前この記事よんでおもしろいなーって思った。なんでかというと相談される側がえらそうじゃなくて迷いながら真摯に言葉をだしてるところが楽なんだな。と。相談される側が耳ざわりのよい言葉をいうことは簡単だけど、それをやってない感じ。 https://t.co/iFscY3cGik 24日前 replyretweetfavorite