夫を立てるおばあちゃんにイラついた日

【第20回】郷土料理店を営んでいたおばあちゃんの影響で、大黒柱妻を熱く志したふさ子。記憶の中のおばあちゃんは、「形だけ」の社長を務めるおじいちゃんをきめ細やかに立てる賢妻。そんなおばあちゃんに幼いふさ子はもどかしさも感じていて…。


この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
大黒柱妻の日常

田房永子

共働き世帯は今や6割超。しかし平日の家事育児の大半は妻が負担、がマジョリティの日本社会。ワンオペ育児を7年間続けた妻が夫と役割を逆転、「お父さん」の立場になったら見えてきたものは――? 『母がしんどい』、『ママだって、人間』、などの人...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード