わかりあえない」を基準にしたほうが、人間関係はうまくいく

私たちは「同じである」ことを前提にコミュニケーションしがちですが、「違うこと」を前提にしたほうがうまく話し合えるのかもしれません。多様性と寛容に国マレーシアに暮らす野本響子さんが多様性社会に生きるヒントを考えます。

前回は、論争からはさっさと降りた方がたいていの場合はお得になるってお話を書きました。

前提となる「常識」が実はバラバラだからです。

アインシュタインは、「常識は18才までに身につけた偏見のコレクションだ」といったそうです。
本当に人がわかり合うのは難しいと思う。

SNSでは相変わらず論争が繰り広げられています。目まぐるしく常識がアップデートされ続けている中、インターネットは異なる価値観の人たち全員の集合場所を不用意に作ってしまったようです。

1990年代に育った人と、2000年代に育った人の感覚はかなり違う。私だって、80年代当時のノリで発言したら、大炎上すると思います。当時の「当たり前」ってそれほど今と違ってた。


育った場所によっても常識は変わる

時代によってだけではなく、育った環境によっても常識は変わります。

マレーシアでは、メディアが言語ごとに分かれていて、マレー語・ヒンズー語・英語・中国語それぞれの新聞・テレビがあります。情報源が違うので、認識している情報も違うのです。

なので、何か書くと、「私の見ているマレーシアは違います」と指摘を受けることがあります。そしてその度に「なるほどな」って思います。教えてもらえないと、自分の見えてる世界=マレーシアって思い込みがちなんですね。行動範囲を幾ら広げても、一人の人に見えてる世界はわずかです。

さらに、世の中にはいくら理解しようとしても、理解できない人たちがいることを知りました。

例えば、生まれたときから宗教の規範の中で生きている人たちの気持ちはたぶん一生わからない。「自分にわからないことがある」って認めるようになりました。

実は、日本でも同じなんじゃないかなぁ。 最近noteではこんな記事が話題です。

人が見てる世界って実はとっても狭かったりします。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマレ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

HaL_n1030 そうだよなぁ…今の場所から色々なものをみても、自分の価値観と照らし合わせて積み重ねていくだけだもんな。みんな同じ常識を持っていると思い込みがちだけど。 〉行動範囲を幾ら広げても、一人の人に見えてる世界はわずかです。 https://t.co/tqZcAdvbtR 2ヶ月前 replyretweetfavorite

sara_suzuki_q 私が大切にしないといけないことはこれだなぁ。本当に。 2ヶ月前 replyretweetfavorite

Chuck_euoni 心にローラを置くようにしてる。価値観違うな… https://t.co/u6kgYkiz0w 2ヶ月前 replyretweetfavorite

pf_trp77 正しい、間違ってる、の考え方にちょうど疲れてきたところ https://t.co/YMDmuoLGsN 2ヶ月前 replyretweetfavorite