東京はてめえみてえな××がくる所じゃねえ」止まらない田舎ディス

「土地」「地価/不動産」「田舎/都市」といった“ネタ”は『こち亀』のいわば十八番。前回に続き、あまりに生々しく活写されてきた「土地事情」について紹介。第2回は「田舎者ディス」について。差別意識丸出しの江戸っ子・両津による「田舎いじり」は、留まることを知らない! 9月12日発売の「『こち亀』社会論 超一級の文化史料を読み解く」(稲田豊史)から特別集中連載(毎週水・土曜日更新)。

マイホーム主義者をコケにする両津

 寺井の不動産行脚を通じて描かれたのは、前回述べた通り、東京の土地がバカ高いということ、東京でマイホームを持つことの無理ゲー感、それに執着する“憐れさと惨めさ”──である。『こち亀』ははっきりと、「庶民がマイホームに夢を抱くことや、無理をして買うことはかっこ悪い」と言っている。

 両津からすれば、不便な通勤という圧倒的不快と引き換えに「一国一城の主」という申し訳程度の安泰をどうしても手に入れたいという執着は、まったくもって粋ではない。あるいは、「宵越しの銭は持たない」を信条とする江戸っ子的な刹那主義、その日暮らしの態度にも反する。

 いずれにせよ、寺井や部長のマイホーム志向は、極めて野暮で無粋な生き方の象徴として描かれていた。

 78年3・4号「警察ガルタの巻」(8巻)では、両津が部長のマイホーム(当時は千葉県市川市)について「いちおう“いっこだて”だけどね…」「マイホーム主義の典型でな…」と、はなからバカにした態度を取っている。

 79年15号「おおティータイムの巻」( 14巻)における両津の部長宅評はさらに辛辣を極め、行きの車中ですでに「なにしろえらい田舎だからな! とても人間の住めるとこじゃないとこに家がたってる…」「しかし家についても笑ってはいかんぞ! かれも精いっぱいがんばっているのだからな」と中川と麗子に言う。到着すると開口一番、こうまくしたてる。


「これがかれの半生にわたる努力と汗の結晶でできたマイホームだ! マイホーム主義者独特のムードが家にでてるだろ」
「あの小さなベランダに注目しなさい。あれがマイホーム主義のシンボルだ。かならずあれをつける」
「そして部屋をけずってでも庭をつくり庭園灯をおく。これもマイホーム主義者に多くみられる特徴である」
「この玄関も、見栄をはってりっぱなドアにしたのもマイホーム主義者の…」


 おちょくりが止まらない。しかも、いちいちその通りだ。当時の小中学生男子に「マイホーム主義者」がいかに嘲笑の対象となりうるかを示した回だ。

 83年42 号「スカイ・バンク強奪事件の巻」(37巻)では、テンプレ的に描かれた“ど田舎”にマイホームを新築した「課長」と呼ばれている男性が、会社の部下らしき来訪者にマイホームを自慢している。が、ラストは両津によって墜落させられたヘリコプターがマイホームを直撃し、無残にも破壊されるのだ。

 “ど田舎”に20年越しで建てた、それほど豪邸でもない小ぶりのマイホームを部下にさんざん自慢する「課長」のいじらしさ。墜落してくるヘリに対して──部下や妻子は逃げ出しているのに──体を張ってマイホームを守ろうとする「課長」の憐れみ漂う姿は、ギャグとして回収するための装置であることを差し引いても、あまりにも現実のマイホーム主義者をコケにしすぎてはいないか。

千葉の五香、ローン8万8000円

 現実的に、一般大衆は“ど田舎”にしかマイホームを持てない。その現実は何度も何度も、繰り返し繰り返し、粘着的に作中でリフレインされる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ついに発売! 全国書店、各オンライン書店にて

この連載について

初回を読む
こち亀』社会論 超一級の文化史料を読み解く

稲田豊史

昭和~平成にかけて「週刊少年ジャンプ」で読まれ続けてきた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。連載40年、全200巻という偉業を果たした国民的漫画は、大衆社会を活写し続けたまさに「浮世絵」です。「こち亀と日本社会の40年」を紐解いた『『こ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません