フランスで不妊治療を受けてわかったこと

現在、フランスで夫と娘と3人で暮らしている中村綾花さん。再開した「パリジャン十色」では、不妊治療を経て妊娠し出産にいたるまでの、現地での体験を書いていただきます。今回は、いよいよトライすることになった不妊治療について、日本とフランスの違いを交えながらお伝えします。

フランスで体験した不妊治療

前回は、なかなか子供ができず苦しんでいる私を、ハッと我に返らせてくれたフランス人医師の言葉を紹介しました。

今回はいよいよ、本格的な妊娠のための治療を、フランスで開始した体験談です。つまり不妊治療なのですが、「不妊」という言葉がどうもネガティブで、治療中の当事者にとってはグサッと刺される鋭さがあるため、以下、「妊娠治療」と記していこうと思います。

まず最初に、妊娠治療にも色々なものがあるのはご存知でしょうか? 妊娠しづらい原因は男女どちらにもありうるし、原因がわからないこともあります。カップルによって状況が違うので、治療方法もさまざまあるようです。ただものすごくざっくり分けると、以下の3つの段階があります。

まず、一番最初にトライされる手軽な治療は、女性の体の周期を見ながら、子どもができやすいタイミングをアドバイスしてもらう「タイミング法」。これでうまくいかなければ、精子を採取して子宮に入れる「人工受精」を試します。これでも難しいとなれば、卵子と精子を採取して、体の外で受精してから受精卵を体にもどす「体外受精」となります。

このように妊娠治療にはさまざまな種類と段階があるのですが、私には「受精卵が着床しづらい」という子宮の問題があったので、ほかのステップはすっとばして、いきなり「体外受精」をすることになりました。

フランスでの妊娠治療は保険負担

こうした治療の種類ややり方には、日本もフランスも大きな違いはなさそうなのですが、なんといっても私が驚いたのは、かかる費用の違いです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

frida_and_ アメリカは金を出せばなんでもありのド資本主義だから、無料の選択肢があるのは羨ましい。 https://t.co/yjLSgSUdtB 2ヶ月前 replyretweetfavorite