​恋愛観も分けられない性

近年、単純に男と女に分けられない性の存在が世の中に浸透してきました。しかし、LGBTQだけではなく、恋愛観やセックス観でも単純に分けられない性が存在するのではないかと林伸次さんは言います。それはいったいどういうものなのでしょうか。

共有されない性の情報

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日ネットでこんな記事を読みました。

男女の性戦略の有力な理論「進化心理学」に挑む「審美主義」。 生き物の美しさは、性淘汰による「美の進化」の賜物なのか? 【橘玲の日々刻々】

これによると、「エビデンスが示すのは、『女は性的快楽に男ほど大きな価値を置いていない』ということだ。研究によれば、女性の3割から5割が『低い性欲』をもつ『性機能障害』で、そのうち半分は『そのままでべつにかまわない(生活にさしたる支障はない)」とこたえている」とあるんですね。

「女性にもすごく性欲はあるんです」とか、逆に「オーガズムを経験したことない女性の悩み」とか、セックスに関する女性の意見っていろいろ見かけますが、3割から5割の女性が、「そんなにセックスのことを最高と思っているというわけではない」ってことなんですよね。これって女性も男性もあまり知らないことではないでしょうか。

今、LEONのインタビュー連載でたくさんの女性に性や恋愛について質問しているのですが、「私はそんなにセックス自体は興味ない」って人が結構多いんです。色々試してみたけど、自分にはそんな良いものじゃなかったって人もいるんです。

もちろん一方で、まあとにかく「セックス最高! 色んな男性とやってみたい」って人もいるし、「すごく合う男性と何度もしていたい。他の男性は興味ない」って人もいます。「そんなに恋愛自体に興味ない」って女性が少なからずいるし、男性も「セックスはしたいけど、恋愛云々っていうのはよくわからない」って人の割合はすごく多いです。

また、女性にも男性にも「セックスがやめられない」って人も多いですよね。これはお酒や賭事や薬物と同じで、依存症の場合もあるようです。とにかくほんと、千差万別だと感じるんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sousou37788624 恋愛観も分けられない性|林伸次 @bar_bossa | 21日前 replyretweetfavorite

Orange__People 恋愛観も分けられない性|林伸次 @bar_bossa |ワイングラスのむこう側 https://t.co/FPgDcPDjhy 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

Yopikochume たしかに、こうやって分けてもらって名前がついてたら楽だな・・・ 恋愛観も分けられない性|林伸次 @bar_bossa | 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

eggplant_3 うちの元相方も 男か女なのかの境界が曖昧だったという意味ではグラーデーションな人だった。 どういうのが好みかを区別するのに名前をつけるのは良いアイデアだと思いました。​​ 恋愛観も分けられない性|林伸次 | 約1ヶ月前 replyretweetfavorite