煮込みハンバーグをおいしくつくる2つのコツ

今回ご紹介するのは「煮込みハンバーグ」です。作る時のコツは、たったの2つ。ポイントを抑えて、ハンバーグとは違ったやわらかな食感をお楽しみください。

定番料理のハンバーグは当連載の5回目で取り上げた料理。今回は煮込みハンバーグをつくります。焼くタイプのハンバーグとの違いは「卵」が入ること。卵は肉の決着を緩め、やわらかさに貢献します。失敗の少ない料理ですが、いくつかのポイントをしっかりと抑えることで、よりおいしくつくれます。

煮込みハンバーグ

材料(4個分 作りやすい分量)

牛豚合挽き…350g
塩…3g
玉ねぎ…1/2個(100g程度)
卵…1個
乾燥パン粉…10g
ケチャップ…大さじ1
胡椒…少々

舞茸…1パック
ケチャップ…50g
砂糖…大さじ1
醤油…大さじ1/2
水…300cc
水溶き片栗粉…片栗粉大さじ1/2+水大さじ1+½
好みのハーブ…セルフィーユやパセリのみじん切り


1. 舞茸は手でほぐし、玉ねぎはみじん切りにする。ボウルでひき肉に塩を加え混ぜ、みじん切りにした玉ねぎ、卵、乾燥パン粉、ケチャップ、胡椒を加え全体にまとまるまで混ぜる。

2. 種を4等分し(1個140g程度)に丸める。フライパンにサラダ油小さじ1を敷き、中火にかけ、種を焼く。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

rose_miura 煮込みハンバーグ、 電気圧力鍋でできるのかなぁ https://t.co/nB24DDiIAh 2ヶ月前 replyretweetfavorite