​「幸福のパラドックス」について考えた

GDPの上昇と幸福度はかなずしも比例しないという「幸福のパラドックス」。日本よりもずっと一人当たりのGDPが小さいマレーシアに暮らす野本響子さんは、この現象が起こる理由について考えました。

こんにちは。

マレーシアにきた日本人が「発展途上国なのに、人の顔が明るいなぁ」と驚くことがあります。

発展途上国にボランティアに行った人が、「貧しいのに、逆に幸せな生き方を教えられた」などと言っているのを見かけることもあります。私も以前、支援していたNPOでタイ東北部の貧しい村に行って幸せとは?と考えてしまいました。

これはどういうことなんだろう?って長年不思議でした。

一人当たりのGDPと、幸福は関係ないのだろうか。

内閣府経済社会総合研究所の調査に、興味深いことが書いてあります。

戦後、一人当たりGDPが数倍に高まったのに、国民の幸福感が高まらないのはなぜか。このような問いが国内外の一部の経済学者の間で関心を集めている。この現象は日本だけでなく、米国、英国でも観察されている。経済学では経済合理的な選択によって最も効用(=自分にとって幸福感を高めるもの)の高いものと貨幣を交換するため、消費の額が大きければ効用も高まるはずなのに、そうなっていないことが問題とされている

どうもGDPが高まりすぎると、幸福度が下がるのは、日本だけではなく、米国や英国でも同じようです。

データでも、GDPの上昇と幸福度はある程度以上になると、なぜか比例しないのです。
これは「幸福のパラドックス」と呼ばれるようです。

アジア成長研究所の2015年の調査では、日本では、1970年くらいから人々の「生活満足度」と「幸福度」が下がってるんですね。

そしてこう書いてありました。

■一カ国、一時点においては、人々の所得と幸福度との間には正の相関関係が見られる。
■しかし、多国間での比較や時系列で見た場合、国の所得水準と人々の平均的な幸福度との間に必ずしも相関関係があるとはいえない。

そして、

主な理由としては、
(1)幸福度が絶対所得ではなく相対所得に影響されるため
(2)人々が自分たちが置かれている環境に適応するため
(3)所得以外の要因にも影響されるため、
などがある。

と結論づけています。

要するに、所得への満足度は、周りの人との比較で決まってくるということかもしれません。周りがみんな貧乏ならあまり不幸を感じないのかも。1960年代は今よりGDPは低いけれど、そんなものだと思ってたらハッピーなんじゃないかな。

GDPが低い方が幸せだとは思いませんが、ある程度まで伸びてくると、幸福とは関係なくなってくるって興味深いです。

幸福の反対語は退屈だった?
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマレ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

NigerTigris 「幸福のパラドックス」について考えた|野本響子 @mahisan8181 | 2ヶ月前 replyretweetfavorite

tsatie 「幸福のパラドックス」について考えた|野本響子 @mahisan8181 |怒らない力ーーマレーシアで教わったこと 面白い♬ よく考えてきたことだよなぁ。それでももっと沢山贅沢したいん。 https://t.co/UDK7jM5TaM 2ヶ月前 replyretweetfavorite

Hochiminh_Taro 個人レベルでも、年収800万円超えたあたりから年収の増加がほとんど幸福度増加に影響しなくなるそうです。 2ヶ月前 replyretweetfavorite

Chuck_euoni 「幸福のパラドックス」について考えた|野本響子 @mahisan8181 | 人の貢献感による影響ってまさしくな気がするな 2ヶ月前 replyretweetfavorite