怒声と謝罪の『半沢直樹』

『半沢直樹』の新シリーズがスタートしました。過剰とも取れる演技の応酬は健在で、大きな話題を呼んでいます。この人気ドラマを、武田砂鉄さんはどのように見ているのでしょうか?

圧倒的に正しいから怒鳴る

たまに「フリーランスになってよかったことはありますか?」と聞かれ、その都度答えることは違うのだが、ついこの間、「怒鳴っている場面に出くわすことが少なくなった……ですかね」と答えたのは、『半沢直樹』を見ているからかもしれない。突発的に大声を出す人がとても苦手なのだが、あのドラマで大声を出す人は、あらかじめ「私、これから大声を出します」という表情を見せる。顔で事前告知すると、多少は大声を受け止める覚悟ができるってことをあのドラマから教わっている。だが、日常生活というか会社員生活では、事前告知することなく突然怒鳴り始める人がいたものだから、大きなストレスになった。

フリーランスになると、「うわ、なんか、いきなり怒鳴ってる」「あの人、怒鳴られてる」に遭遇する機会がめっきり減る。偉い人が偉くない人を叱りつけている光景って、起きている事象としてただただシンプルなので、その怒声が正当化され、その正当化にうなだれていたのが懐かしい。怒るほうは、愛情の裏返しで怒っている、などとほのめかしたりするが、極めて冷静に分析すれば、「怒鳴れるほどこっちが圧倒的に正しいから怒鳴ってみた」が大半だった。瞬間湯沸かし器的な人もいたが、瞬間で湯を沸かす前に、今は沸かしちゃって問題なし、とそれなりに選別している感じがあった。くだらないセンスだなぁ、と思っていた。

「たぶん、話はこうだ」とか言う
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

武田砂鉄さんの新刊です

わかりやすさの罪

武田 砂鉄
朝日新聞出版
2020-07-07

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません