子どもができない、それも人生さ」

連載再開した中村綾花さんの「パリジャン十色」。これからは中村さんがフランスで経験した、不妊治療や妊娠中、出産時のできごとを中心に語っていただきます。第2回となる今回は、中村さんが不妊治療で思い悩んでいた時に出会って心が軽くなったという、仏ドクターの言葉をお届けします。

闇から救い上げられた言葉との出会い

出産と同時に長らくお休みしていた「パリジャン十色」。再開してからの内容は、私がフランスで経験した不妊治療や、妊娠中・出産時のお話をしていこうと思っています。いまでこそ子育てにどっぷりな日々ですが、まず出産にいたるまで、その道のりはなかなか大変なものでした。

いざ子どもが欲しいと思ってからの、子宮の問題(子宮腺筋症)や膵臓の腫瘍、甲状腺機能亢進症など、度重なる病気の治療。それを乗り越えて30 代半ばからようやくスタートできた不妊治療……。その過程では、日本人である自分の価値観がひっくり返されることが、いくつもあったのです。

連載再開2回目となる今回は、なかなか妊娠できず闇の中にいた私が、ハッと目を覚まされた、ある出来事を紹介してみようと思います。

なぜ子どもが欲しいと思ったのか?

そもそも私、とくべつに子どもが「かわいい」と思える人間ではありません。それでも、ばくぜんと将来子どもを持つことは考えていました。

30歳で世界婚活なるものをした結果、フランス人男性と結婚。その体験を一冊の本として出版したことで、ようやく仕事の区切りもつき、「子どもをもつ」ということへの一歩を踏み出せるようになりました。

子どもが欲しいと思った理由はまず、「子どもを育てるってどんなものなんだろう?」 という好奇心。

それに、平穏な夫婦生活だけれども、このまま続いてもなんだか手持ちぶさたに思える。子育ては、旦那さんと共同で体験する新しいプロジェクトとしては、ものすごくワクワクする気がする。といった、ぼんやりとしたものでした。

それがのちに「絶対に子どもが欲しい!」とまで思うようになっていくのですが……。

病気との戦い

さて、子供をつくろうと決めたはいいものの、なかなかうまくはいきませんでした。

私がフランスに住みはじめた30歳の頃、酷くなってきた生理痛で病院へいくと、「子宮腺筋症」と診断されました。この病気は妊娠しづらい原因になるため、将来子どもが欲しくなる時までピルで生理を止め、進行をゆるめるという処置をずっと続けていました。

いざ子どもを作ろうと決めてからは、ピルをやめ、数ヶ月後に妊娠しました。でも、残念ながらすぐに流産してしまいました。

それを機会に、健康診断もかねて血液検査をしたところ、膵臓に腫瘍があることが発覚。手術と入退院をくりかえすなかで、今度は甲状腺の異常がみつかり、摘出の手術をしました。

妊娠どころではなくなった数年間の闘病生活が落ち着いた時には30代半ば。さあ、今度こそ!と自然に妊娠をトライするけれども、なかなか授かることができません。

毎月やってくる生理痛はひどくなる一方。なんとか早く妊娠したいという気持ちで焦った私は、妊娠するための治療をしようと、情報を集めました。

あるドクターに言われた言葉

わらにもすがる思いで、パリ中の医者の予約をとっては会う日々のはじまりです(フランスでは病院だけでなく、個人開業の医者が多い)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません