無垢とセクシャルの狭間に生まれる「少女」というリアル

6月に青幻舎から出版された、写真家・青山裕企さんの最新作『少女礼讃』。素性のわからない一人の「少女」を、2年間休むことなく撮影し続けた本作は、その時間の厚みを表すかのような512ページの大作として完成しました。本連載は昨年、書籍の発売前から『少女礼讃』の作品群を見ていた弊社社員4名に対し、青山さんが行ったインタビューを掲載していくものです。

はじめに

2018年の夏、Instagramにひっそりと開設された謎のアカウント「少女礼讃」。毎日投稿される大量の写真には、すべて同じひとりの女性が写っていました。この撮影者名も被写体名も不明のアカウントは、写真家・青山裕企さんによるもの。その尋常でない更新スピードと、執拗に「少女」だけを撮影し続ける異様さは、見るものの胸中に名状しがたい感情と憶測を生じさせました。

当時よりアカウントの正体を知り、一種の「少女」中毒に陥っていたnote株式会社の一部社員たち。新しい写真が更新されるごとに「この少女は誰なのか」「青山さんと少女の関係は」「そもそも『少女礼讃』とはなんなのか」 と大いに翻弄されました。

2019年に、青山さんがこのうち4名に対し行ったインタビューに見える当時の混乱ぶりと、完成した『少女礼讃』を読み、それぞれが手にした「『少女礼讃』とは何だったのか?」の答えを、全4回でお届けします。2人目の少女中毒者は、弊社デザイナーの松下由季です。

“少女礼讃”は、被写体としてすごく惚れ込んでいる印象

青山裕企(以下、青山) はじめに、“少女礼讃(しょうじょらいさん)”という作品を見て、率直にどんな感想や気持ちを持っていますか?

note株式会社デザイナー・松下由季(以下、松下) そうですね。率直にいうと、すごく被写体として惚れ込んでいるのかなっていう印象です

青山 それは私が、ということですか?

松下 そうですね、撮る側としてです。実は、『スクールガール・コンプレックス』「気になるあの娘」は、以前から目にしていたことがあって。『スクールガール・コンプレックス』って、もともと撮りたいテーマ性みたいなものがあって、モデルが誰であっても、そのテーマの中のフレームにおさめて撮っていくという印象がありました。


スクールガール・コンプレックス

“少女礼讃”は、私も何ヶ月か前から見始めたんですけど、これまでの作品とは全然違うというか。フレームにおさめているという気持ちは持たなくて、結構さかのぼって見たときに、二人の関係性が変わってきているというか。この子の表情の幅とかが変わってきている気がするし、これまでの作品よりも、この子自身との距離感がどんどん縮まったり、実際に仲良くなったり被写体としてすごい惚れ込んでいるのかなっていう感じはあって。そういう意味では、ハラハラするところがあるんです(笑)。

青山 そういう風に思っていただけるのはすごいありがたくて。ある種のヤバさというか、なんでこんなにひとりの少女を撮り続けているんだろう?という疑問が驚異に変わって、作品の強度になるのではないかというメタ的な考え方も持っています。

もともと『スクールガール・コンプレックス』は、少年だった頃の自分が、同級の女の子を見たときに感じていた欲望であったり劣情であったりを表現しているのですが、“少女礼讃”はもう少年の視点ではないんですね。なので、今の自分の視点が入ってきていると思います。

撮影を続ければ続けるほどに、距離感も表情の幅も当然変わってくるので、作品はほとんど時系列順に公開しています。なので、目の前にいる少女とだんだん仲良くなっていく感覚になっていくようにしていますね。

関係性を表現できるのが写真の面白さ

松下 結構、『スクールガール・コンプレックス』よりもリアルに感じたんですよね。本当に遊びに来てるというか。この感じが、本当に付き合ってる彼女を撮ってるような距離感に感じたんですよね。そういうのは、今までの作品にはあんまり感じたことはなかったんですけど。

青山 今までの作品は、むしろ距離感が遠かったかなと思いますね。絶えず、間に被膜があるような感覚で撮影していました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

少女礼讃

青山 裕企
青幻舎
2020-06-26

この連載について

初回を読む
少女礼讃』とは何だったのか?

青山裕企

6月に青幻舎から出版された、写真家・青山裕企さんの最新作『少女礼讃』。素性のわからない一人の「少女」を、2年間休むことなく撮影し続けた本作は、その時間の厚みを表すかのような512ページの大作として完成しました。本連載は昨年、書籍の発売...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yukiao 【『少女礼讃』対談&写真連載】 cakesにて公開中! 対談(四週連続!) https://t.co/IGHYgd79nw 写真連載(22日連続!) https://t.co/iTw0VmBGPE 写真集『少女礼讃』 発売から… https://t.co/k8gQA2ZJ9q 2ヶ月前 replyretweetfavorite