​石原慎太郎の無責任な言葉遣い

難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者への嘱託殺人容疑で、医師2人が逮捕された事件を受け、1ヶ月ぶりにTwitterを更新した石原慎太郎。その発言内容に批判が殺到しています。政治家時代から物議を醸す発言を繰り返している石原慎太郎について、武田砂鉄さんが考察します。

「誤解を生じた方々に謝罪いたします」

石原慎太郎という人は「頻繁に暴言を吐く人」として知られているが、ただただ、「自分の発言に責任を持たない人」なのではないかと思う。一文字違いだが、「自分の発言に責任を持てない人」とも言える。

ALS(筋萎縮性側索硬化症)の女性に対する嘱託殺人容疑で医師2人が逮捕された件を受けて、石原が滅多に投稿しないTwitterを更新、ALSを「業病」とした上で、殺害に及んだ医師を擁護し、「武士道の切腹の際の苦しみを救うための介錯の美徳も知らぬ検察の愚かしさに腹が立つ。裁判の折り私は是非とも医師たちの弁護人として法廷に立ちたい」と主張した。その後、前世の悪業の報いとの意味を持つ「業病」という形容に批判が集中すると、「ALSを難病とせず業病と記したのは偏見によるものでは決してなく、作家ながら私の不明の至りで誤解を生じた方々に謝罪いたします」とツイートした。

偏見ではなく不明の至り、なのだという。己の「不明」(=物の道理がわからないこと)が原因なのに、受け取るほうに「誤解が生じた」と続けるのは、意味が不明である。なにかと文学者としての己を声高に強調される方なので、言葉に厳しく迫りたいが、「誤解」というのは、特定の事実や言葉を誤って理解してしまうことを意味するのであって、そちらが誤っていたことに対してこちらが不快感を覚えたのは、「誤解」ではない。

すぐに言い訳する
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

わかりやすさの罪

武田 砂鉄
朝日新聞出版
2020-07-07

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

BassLokito 襖チンポ、引っ込んでろ。 https://t.co/MAY5OWIm2a 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

oyoyo_president あースッキリした。 https://t.co/IgqrR36jKq 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

shitian321136 石原慎太郎の無責任な言葉遣い|武田砂鉄 @takedasatetsu | 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

pictureoffake 麻生さんもそうだよね。全然責任取らない。https://t.co/hKPRf4aFg0 約1ヶ月前 replyretweetfavorite