俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

池袋に魔界発見!築半世紀の古スナックビルでオタク系女子と戯れる

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!

 なにかと注目を集める街・池袋。とくに東口はこれまでの雑多なイメージからは一変、区民センターと劇場を含む複合施設「Hareza池袋」などがオープンし、若者の街へと変貌を遂げている。その足元にある中池袋公園一帯は、かつては怪しげな人々がたむろするイメージがあった場所だが、今や若い女のコでごった返している。

「サンシャイン横からこの中池袋公園は乙女ロードと呼ばれています。アニメグッズを扱う大型店が何軒かあるため、オタク系やコスプレ女子が大挙押し寄せるんです」

 と解説するのは夜遊びガイドのO氏。氏と俺は歌舞伎町と並び「夜の街」とそしりを受ける池袋の事情を探りに来ていたが、歌舞伎町とは様相の違うこの街の様子に少々面食らっていた……。

昭和なスナック街にコスプレ街が出現!?

「フジプラザビル」は2〜3階に小さな店が約40店舗ひしめく。その半分がコンカフェだ

 乙女ロード周辺をチェックしていると、時代に取り残されたような一角を発見。半世紀はゆうに超えている建物群。外観は継ぎはぎだらけで、異様な存在感を醸し出している。「フジプラザ」と書かれたビルの案内図にはスナック、パブ、そしてジャンル不明の“ハジけた店名”を冠した看板群がある。

「ここは僕も知りませんでした」

 O氏が首を傾げながらビルに入っていく。ビルは回廊になっており、小さな扉がズラリと並んだ昭和の横丁の様相だ。感染対策か、ほとんどの店が扉を開けており、中を覗くとメイド、アニメのコスプレの若いコが微笑んでいる。

後列左から時計回りにアルカ・チッチ、ミドリ・マヌカハニー、リオ・ドンペリニヨン、シャロ・ランペルージ。個性的な面々

 回廊の最奥で目が合ったのはマリンルックの女のコ。白いセーラー服は我々の琴線を突いた。

「いらっしゃいませ〜!」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード