​コロナ禍でお店が無くなる前に

バーやクラブ、スナックに行くと、かつてはかならずオリジナルマッチが置いてあったのをご存知ですか? それらが目的を果たせなくなったいま、大事なお店を守るため、お客さんができることを考えます。

マッチとショップカード

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

bar bossaが開店したのは1997年なのですが、年輩のお客様が「マッチある?」って仰ることがたまにあるんです。わかりますか? ジャズ喫茶とかカフェバーで、そのお店のロゴが入ったマッチを無料でお客様に差し上げていたんです。

喫煙者の数がいまよりもずっと多かったのも理由だとは思いますが、お店側としては、お店のロゴと電話番号が入ったマッチを家に持って帰ってもらうことで、そのお店のことを印象づけるという効果があるんですね。あるいは、ご存じかどうか煙草って、煙草をくわえた友人に火をつけてあげる習慣があったんですね。そんなときに「あれ? このマッチの店、どこ?」「ああ、これ? 青山の最近できたカフェバー。彼女と行ってみたら。このマッチ、おまえにやるよ」って感じで、「お店の情報」として渡していたんです。

それがもっと進化して、「お店の名前と電話番号が入った100円ライター」というのも流行りました。「スナック エリコ」とか書いてあって、100円ライターって何かと重宝するので、みんな持ち歩いたんです。たぶん、お昼にラーメン食べた後で煙草を一服ってときに、ライターを見て、「そういえば、最近エリコママの顔見てないな。行こうかな」って思わせる効果があったのでしょう。そしてこのライターも、友達に「この店、良いよ。行ってみな」って渡すこともあったはずです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

e0529m https://t.co/uli0y3Ioh4 無料で見れないけど、多くの人に届いて欲しい。あの時伝えておけばよかった、そうおもうことが少なくなればいいなと思う。大切な場所は行かなかれば、残らないと思う。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

datadisk_tokyo 以前一緒に行った友人を、誘って行ってみようかなと思いました。 コロナ禍でお店が無くなる前に|林伸次 @bar_bossa | 3ヶ月前 replyretweetfavorite

FlipboardHaru コロナ禍でお店が無くなる前に https://t.co/vYHoRSsHMi 3ヶ月前 replyretweetfavorite

syurism コロナ禍でお店が無くなる前に| 3ヶ月前 replyretweetfavorite