​パリジャン十色、連載再開します

2014年から連載がはじまった「パリジャン十色」。ここ2年半ほどお休みしていましたが、今日から隔週で連載再開します! 当時、30歳を目前にフランスに移住した中村綾花さん。その後フランス人の旦那さんと結婚し、数年前に出産。現在は絶賛子育て中。その生活のなかで得た、フランスならではの気づきをご紹介していきます。

連載をお休みしていた理由

みなさまごぶさたしています。2017年の終わりからフェードアウトしていたこの連載「パリジャン十色」。その理由は、病気やら不妊治療を経ての妊娠、出産、子育てと、日々サバイバルすることにいっぱいいっぱいで、お仕事どころではなくなっていたからでした。

cakesで連載中の筆者さんの中には、出産を経て子育てをしながら連載をつづけている谷本真由美(@May_Roma)さんや、下田美咲さんのような方もいらっしゃいます。そんな方の連載を子育ての合間に読ませてもらいながら、「一体どうやって? いつ原稿書いてるんだろう? 私には無理だわ!」と正直思っていました。いつか私も連載再開できたらと頭の隅にひっかけながらも過ぎ去る日々。

そしてようやく最近、少〜しだけ余裕がでてきたので、及び腰ながら再スタートさせてもらうこととあいなりました。感謝!

「パリジャン十色」ってどういうこと?

そもそも、このパリジャン十色という連載ではどんなことをお伝えしていたか、はじめましての方やお久しぶりの方もいると思うので、早足でおさらいさせてください。

「パリジャン十色」というのは、いわずもがな「十人十色」をもじった連載タイトルです。在仏ライターである私は、パリに住む一癖も二癖もあるフランス人「パリジャン」たちに路上でいきなり声をかけ、恋や結婚についてインタビューしてきました。

彼らにインタビューするのは神経がすり切れそうになるほど緊張するのですが、パリジャンの数だけいろいろな生き方があり、ひとつとして同じ答えが返ってこないことがとってもおもしろい。ほんとうに、「パリジャン十色」なのですよ。

この連載では、そんな十人十色なパリジャンの考え方や生き方の具体例、そして私の体験を通して気がついたことを紹介することで、「あんな考え方もあっていいのか、こんな生き方もあっていいのか!」と、新しい発見をしてもらえたらいいなという思いがあります。

というのも、私自身が彼らの生き方に救われてきたからです。

生きづらかった当時の私

そもそも私がパリに住むことになったのは、婚活がキッカケでした。30歳を目前に失恋と失業が重なって、なんだかすごく不安で、すごく孤独で苦しいと感じる毎日がつづきました。 そしていつのまにか「結婚さえすればすべて解決するはず」と思い込んで婚活をスタート。ところがそれもうまくいかず、さらに苦しむことになったのです。

そこからいろいろあって婚活の場を世界へと広げた私は、さまざまな国を旅しながら、はじめて訪れたパリで衝撃を受けました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pieta_japan おおおお!ちょうど再開しないかなと思ってたとこ。うれしい😊 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

ny_mariko おおおおおおおおおおおおおおおっっp!https://t.co/fsYXw7j8cH 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

Miyki_Ono めちゃくちゃ好きな中村綾花さんの連載、再開するんだ。楽しみ!​ 約2ヶ月前 replyretweetfavorite