トマトの意外な使い方で風味際立つ、本格派ラタトゥイユ

今回は、アンケートにお答えして、夏野菜たっぷりの「ラタトゥイユ」をご紹介します。野菜を小さく切ることで全体の一体感が強調されたレシピになっています。加熱の仕方や味付けのポイントなど、詳しく説明しています。ぜひお試しください!

ナスやパプリカ、トマトやズッキーニといった夏野菜を煮込んだラタトゥイユは夏の定番料理。発祥は定かではありませんが、1900年代はじめに成立したと考えられ、1953年に上梓されたキュルノンスキー(郷土料理をまとめたフランスの美食家)の著作には現在のものとほぼ変わらない作り方のものが紹介されています。

今回の工夫はトマトの使い方。トマトの香りはどの部位に多く含まれているのか、考えたことありますか?


ラタトゥイユ

材料

玉ねぎ…半分(100g)
黄パプリカ…1/2個
ズッキーニ…1/2本
ナス…1本
ピーマン…2個
トマト…1個(150g) 中玉なら3個
にんにく…1片
オリーブオイル…大さじ3
塩…5g
トマトペースト…大さじ1
はちみつ…小さじ1
イタリアンパセリまたはバジル…適量

1.玉ねぎ、黄パプリカ、ズッキーニ、ナス、ピーマン、トマトは1cm角に切る。にんにくは皮を剥き、軽く潰す。塩を計って、ボウルなどに準備する。

2.鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ、中火にかける。泡立ってきたら、ナスとズッキーニと塩2つまみを入れ、炒める。しんなりしてきたら、パプリカと塩ひとつまみを加える。

3.パプリカをしばらく炒めてしんなりとしてきたら、玉ねぎとピーマン、塩2つまみを入れ、さらに炒める。焦げそうになったら火を弱め、全体がしんなりとしたら、トマトペースト、トマトとトマトのヘタ(あるいは枝)を入れ、残りの塩を加え、ざっくりと混ぜる。蓋をして弱火で10分間煮込む。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yuuki_sara このレシピを見ながら野菜を順番に炒めて塩をしていったら凄く美味しくなった…料理は科学… 3ヶ月前 replyretweetfavorite

Karmen04696370 科学の時間みたいなお料理の説明の仕方が好き。 なんか落ち着く。 料理は科学だよねー。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

a_s_i_m1 トマトの枝葉ってすごいんだな😃 3ヶ月前 replyretweetfavorite