純猥談

来世は元気に生まれるから、その時は一緒になって下さい。

私にはずっと好きな幼馴染がいる。
優しくて、喧嘩をしたら次の日には恥ずかしそうに家までお菓子を持って来る可愛い人だった。
中学生の頃、彼はベッドから動けなくなった。


私にはずっと好きな幼馴染がいる。

優しくて、喧嘩をしたら次の日には恥ずかしそうに家までお菓子を持って来る可愛い人だった。


中学生の頃、彼はベッドから動けなくなった。

私はよく遊びに通った。
遊びといっても、私が当時はまっていた折り鶴を作りながら学校などのくだらない話をするだけだった。

彼はいつも笑ってその話を聞いていた。
彼は自分といてもつまらないだろうから無理して来なくてもいいと言ったが、そんなことないと言って通い続けた。


そんなある日、彼が「キスしてもいい?」と聞いてきた。
触れるだけの軽いキスだった。

それから会う度にベッドの上で抱きしめ合ってキスをした。

我儘を言えば、恋人になりたかった。
彼とは見えない絆があるのだと思っていたし、ランドセルを背負っていた頃から好きだったのだ。

だがその想いは言い出せなかった。

彼の中で私は「幼馴染」という周りより少しばかり特別な存在であるだけで、彼の優しさも温もりも「幼馴染」である故だと思っていた。

何より彼の側に居られなくなるのが怖かった。


そんな関係のまま6年の月日が流れ、大学一年の春を迎えた頃、彼は突然この世を去った。

ドラマや映画で観るような感動的な別れではなかった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
純猥談

純猥談 編集部

誰もが登場人物になったかもしれない、現代の性愛にまつわる誰かの体験談が純猥談として日夜集まってきています。様々な状況に置かれた人たちから寄せられた3000件を超える投稿の中から、編集部が選りすぐった傑作を公開していきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

arisa_takao 純猥談シリーズめちゃくちゃ好きなんだけど、これは単に泣いちゃうやつ。 とはいえ、事の軽重に関わらず、交わってしまったからには、きっとそこにはドラマが生まれるんだろうな…と謎にしみじみしてしまった。 @junwaidan https://t.co/f2jDC3qg06 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

noranora_rinu #スマートニュース 2ヶ月前 replyretweetfavorite

kanikaniii86 これ泣けるから読んでほしい https://t.co/KPQ6Efn0KQ 2ヶ月前 replyretweetfavorite

23fumix ちょっ…あの…泣いた… 2ヶ月前 replyretweetfavorite