病院が消える#9】病院が多すぎる街・足りない街

病院が足りていない地域、過剰な地域はどこか。医療経営コンサルティングを行う「グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン」の協力で、公開データを基に偏差値形式で推計した。

 病院が足りていない地域、過剰な地域はどこか。医療経営コンサルティングを行う「グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン」の協力で、公開データを基に偏差値形式で推計した。

偏差値は平均を50と置いたうえで、それぞれのデータの平均からの隔たりを測るもの。今回の偏差値で、どの数値からが過剰あるいは不足とは言い切れないが、偏差値が70に近い、あるいは40に近いということは、医療資源(病院や医師)が全国平均よりかなり乖離(かいり)していることを示している。医療資源の地域的な偏在を示す参考として見てほしい。

 具体的には、市町村での人口10万人に対する、①急性期病床(急患や重症に対応)数、②回復期病床(急性期の後の治療に対応)数、③常勤医師数、の3つのデータを用いて、偏差値を算出した。

 その結果を3つの表で示した。「病院と医師が不足している地域」、「病院数が過剰な地域」、「高齢者医療が足りない地域」である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません