病院が消える#8】役割分担を見直せば、病院は8000から半減以下に

全国の約2500病院が加盟する日本病院会は、現在の医療提供体制を見直し、抜本的な改革が必要だとしている。相澤孝夫会長に日本の病院の未来像を聞いた。

一般社団法人 日本病院会会長/相澤孝夫

 全国の約2500病院が加盟する日本病院会は、現在の医療提供体制を見直し、抜本的な改革が必要だとしている。相澤孝夫会長に日本の病院の未来像を聞いた。

── なぜ今、日本の病院は改革が必要なのですか。

人口減少で生産年齢層の患者が減り、70歳以上の患者が増えている。つまり、今までのように高度医療を必要とする重症患者は減り、長期的な療養が必要な高齢患者の需要が高まっている。しかしそれに対応する供給体制が構築できていない。

 病院組織に欠如しているのはマネジメントだ。それは地域の需要に合った供給をすること。多くの病院は地域のマーケットを把握できていない。例えば胃がん患者が相対的に少ない地域で胃がん治療の体制を敷いても需要がない。子どもが減っているのに子ども服を売っても売れないのは当たり前だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません