病院が消える#4】暴力団による乗っ取りも、資金繰りに苦しむ病院

「経営戦略を持った人に病院を引き継いでもらいたい」。医療機関の経営に詳しい富山綜合法務事務所の行政書士、富山洋一氏はこういった相談を医療機関からよく受けるという。背景にあるのは病院の経営が厳しくなっているという実態だ。

 「経営戦略を持った人に病院を引き継いでもらいたい」。医療機関の経営に詳しい富山綜合法務事務所の行政書士、富山洋一氏はこういった相談を医療機関からよく受けるという。背景にあるのは病院の経営が厳しくなっているという実態だ。

 東京商工リサーチによると、2018年の病院・医院の倒産件数は9年ぶりに40件を超え、前年比6割増の43件となった。「人件費高騰の問題が大きい。売上高人件費率が100%を超えているケースを目にすることもある」と富山氏は話す。


療機関が収入を安定させるには、ベッドの稼働率を高めることが大切だが、そのためには医療法に定められた医師や看護師の人員配置基準を満たす必要がある。ところが医師や看護師の不足や人件費の高騰により、採用できないケースが少なくない。結果として収益を安定させられず、経営状態が悪化する。そうした病院の中には身売りを検討するところが出てくる。

 実際、足元を見られた医療機関が乗っ取られるケースもある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません