病院が消える#1】近くの病院が突然、閉院。そんな時代が始まっている

2019年1月、東京都中央区の「石川島記念病院」は白い仮設の壁で囲まれていた。壁には診療中止を知らせる貼り紙があり、道行く近隣住民が足を止めて眺めていた。

 2019年1月、東京都中央区の「石川島記念病院」は白い仮設の壁で囲まれていた。壁には診療中止を知らせる貼り紙があり、道行く近隣住民が足を止めて眺めていた。近くのマンションに住むという女性は「自分もかかったことがあるが、休院とは知らなかった」と驚く。同院は47床の入院病床があったが、18年12月から経営悪化で診療をやめている。

 この病院を運営する医療法人社団健育会の担当者は、「2014年に新設した心臓病センターが地域のニーズに合わず患者が集まらなかった」と説明する。

 元職員はこう実情を明かす。「診療中止には驚かなかった。石川島記念病院の赤字によって同法人が運営するほかの施設の黒字を帳消しにする状態だった。近くに聖路加国際病院などの有力な競合がある中で、心臓病センターが儲からないのは当たり前だ」

 18年9月、病院側から東京都に連絡があった時点で病院は廃止の予定だったが、都と中央区医師会は存続を要請した。要請を受けて同院は、心臓病治療からリハビリや整形外科を中心にした診療に切り替え9月以降に再開することを予定している。

 通っていた病院が突然なくなる。そんなことが不思議ではない時代がやってくる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません