おばさんファッションの謎・・・アームカバーからマスクまで

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。飾らず、自然体でおおらかな性格の彼女の日常を切り取ったエッセイが大好評連載中!

日焼け防止のためには暑さも厭わないママさんたちの徹底したUV対策。でもそこには見落としがちな盲点が! そして、さらに今年は夏場でも着用が求められるマスク問題もあります。試行錯誤の上、堀本さんが、たどり着いたものとは?

暑くなってきましたね・・・。

今年の夏は猛暑の上にマスクでより一層熱く感じられると思います。

そんななか、自転車の前かごにお子さんを乗せて颯爽とかけ抜けるママ達、日傘をさす御婦人などをよく見かけますが・・・色々と気になるポイントがあります。

まず、すっかり市民権を得たロングアームカバー。夏用手袋をしている方もおられます。今は更にマスク代わりにもなる口まで覆えるネックカバーやフェイスガードかと見まごうばかりのデカサンバイザーも見かけます。

「そんなに?!」

と私は思ってしまいます。

日焼けをしたらシミやシワの原因になるのはよく知っておりますが、モデル人生30年、私はそこまでカバーしたことがありません。

なぜなら日焼け止めを塗っているから。

日焼け止めを塗ってサングラスはちょっと気恥ずかしいので、UVカット機能付き(ブルーライトカットも出来る)の伊達眼鏡をかけて日傘をさしたらほぼ完璧です。

眼鏡は目から入る紫外線による体内のメラニン生成を抑えるためです。

勿論仕事柄、日焼けにはとても気を使って生きてきました。

若気の至りで、

「ハワイ行って来たら焼けちゃって〜。」

などと言ってほんのり焼けて現場に登場するモデルもいましたが、私はそんなこと言って許されるキャラではなく、そんなこと言う勇気もないので夏物の撮影がある時期は特に「半袖焼け」などしないように気をつけていました。

そして一番気を使ったのが足元の「サンダル焼け」です。

そう、「足の甲」は盲点になりがちですが、同じサンダルなどを何日も履いているとその跡がいつの間にかくっきりついてしまっていることがあります。

なので、足の甲には日焼け止めをたくさん塗ります。

サブリナパンツ(7部丈のぴったりしたやつ)が流行った時にはスニーカーで足(の甲)を覆っていても、出ている足首の部分が焼けたら嫌だから、足首にめっちゃ日焼け止めを塗っていました。

こんな話を子供が出来てからママ友達に話すと、

「えー!足首とか足の甲に日焼け止め?塗ったことないわ。」

と驚かれました。

逆にびっくりするわ!と、思ったけど、「私モデルだから〜。」とイキってる(関西弁で粋がるという意味)と思われないように黙っていました。

そうなんです。

私があの、めちゃくちゃ全身をカバーしている方々に対して違和感を覚えるのはこういうところなんです。

そこまでしていてなぜ足元はノーマーク?!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

堀本陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。最近では、バラエティ番組にも出演し、飾らず自然体で、実は、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな堀本さんの日常を切り取ったエッセイが連載開始! 人気俳優の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yokonama280 本日公開のエッセイです✨ よかったら、お暇つぶしにお読みください😊 #気軽に読めるエッセイ 2ヶ月前 replyretweetfavorite