秋田の路傍にぬっと立つデカいブサカワはアマビエさまのお仲間だった

ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手が、丸4年かけて日本各地の路傍から超弩級のゆるカワ神仏323体をスカウトした『ニッポン脱力神さま図鑑』。コロナのせいで出版延期となるも、5月27日にようやく発売! それを祝って、 ゆかいな神さまたちが毎日交代でお出ましくださっていますが、日曜日はお休み。代わりに、秋田各地で悪疫退散を願って祀られてきたブサカワな神さまたちの多彩さに迫ります。

秋田各地の村境にはよく
アンバランスな藁人形が立っている

 東北地方には、村の境に藁で作った大きな人形を設置しているところがある。もっとも多いのは秋田県で、ほかにも青森県、福島県、新潟県、茨城県などでも見られるようだ。

藁では精密な表現が難しいため
アンバランスになりがち

 藁で編んだりゴザを被せたりして人の形を精密に作るのは難しい。なので、どの人形も体の形がアンバランスで、妙に手ばかり大きかったり、逆に短かったり、短足だったり顔が異様にでかかったりして面白い。木彫りの面をつけている人形もあるが、この面がまた大雑把だったりして、ついつい見とれてしまう。

 しかもものによっては巨大だから、それが路傍にぬっと立つさまは、田の神や仁王などに比べてもはるかに異次元的である。

村人が力を合わせて
村境に作る巨大な魔除け

 民俗学者の神野善治氏は、これを調査研究し「人形道祖神」と名付けた。

 神野氏の、この分野ではバイブルといってもいい著作『人形道祖神—境界神の原像』では、人形道祖神とは、

①疫病などの災厄がムラに入るのを防ぐ目的で祀り、

②村人が力を結集して作り、

③村境の路傍や道の辻などに立てる境の神であり、

④一年中据え置かれる、

⑤大きな人形神である、

と定義されている。

 名称は地域によってさまざまで、ニンギョウ(人形)様、ショウキ(鐘馗)様、カシマ(鹿島)様、ニオウ(仁王)様、オニョ様、ジンジョ様、ドンジン様などと呼ばれる。ただ、ひとつの人形に複数の名称がつけられている場合もあり、名称だけで単純に分類することはできないとしている。

金田一耕助シリーズを連想させる
やや不気味な見た目

 人形道祖神がとくに集中しているのは秋田県で、面だけのものや石像も含めると100体以上あると、秋田在住の郷土史研究家小松和彦氏の著書『村を守る不思議な神様』に書かれていた。

 この本はとても面白くて、道祖神というと長野県安曇野市の男女の像が刻まれたラブラブな石仏が知られているが、秋田県にラブラブな道祖神は存在しない、長野の道祖神がラブコメなら、秋田のは金田一耕助シリーズであると卑近な例でわかりやすく説明してくれている。

 たしかに人形道祖神は見ようによっては不気味であり異様であって、観光地にありがちなほっこりした石仏などとは対極にある存在だ。

性器の付いたヒトガタに
大きく威圧的な顔

 姿かたちの特徴は、まずヒトガタであり、両手両足を広げて通せんぼするように立っているもの、刀を腰に差しているものなどが多い。概して腰蓑ひとつで上半身は裸であり、乳首とへそが強調されたり、大きな男根を突き出しているものも珍しくない。

 男根を強調した単独の像だけでなく、男女ペアになっているものも多い。その場合女性の神さまもつけているのは腰蓑だけで胸を出しており、乳房が表現されていたり女性器だって作られている場合がある。

 顔はいろいろで、木の面を被っているものや、目鼻まで藁でできているもの、全身が木の板でそこに目鼻を描き込まれているもののほか、角が生えているものもある。

 たいてい大きくて威圧的な顔であるのは、悪疫を退散させるためと考えられる。つまりはお寺の仁王などと同じように、強い姿が求められているということである。

ナマハゲとは
ルーツを同じくする別系統か

 こうして見てくるとどこか同じ秋田のナマハゲを思い浮かべてしまうが、前出の小松氏は『村を守る不思議な神様2』のなかで、人形道祖神のある地域にナマハゲの風習がなく、逆も同様であることから、それらはもともと祖霊神もしくは五穀豊穣の神である鬼神という同じルーツを持ち、そこから、それぞれに変化していったものではないかという仮説を立てている。

 果たしてこうした信仰がいつから始まったのか定かではないが、もとをたどれば古代にまでいきつくのかもしれない。

メンテナンスが必要なため
過疎地では消滅の危機

 ちなみに人形道祖神は主に藁でできているため、石と違って日々傷んでいくのは避けられない。なので村人による定期的なメンテナンスが必要である。

 そのため過疎地などでは、人材不足で風習が絶えたところも少なくない。私も何件か見に行って見つけられず、地元の方に尋ねて、数年前から廃止、撤去されたと知らされたことが何度かあった。その点、人口が減ろうが村がなくなろうが、半ば永久に残る石造物とは消滅する速さが全然違う。つまり意識的に残さなければ、どんどん見られなくなっていく貴重な習俗なのである。


インスタキャンペーンやってます!
ユルいグッズがもらえるかも?


詳しくはこちら!

こんな姿の神仏もありなのか! 超弩級のゆるカワ323体が史上空前の大集結

この連載について

初回を読む
ニッポン脱力神さま図鑑』の今日の神さま

宮田珠己

こんな姿の神仏もありなのか! ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手・宮田珠己が、構想・取材に丸4年をつぎ込み、日本各地の路傍から超弩級のゆるカワ神仏323体をスカウトした『ニッポン脱力神さま図鑑』。コロナのせいで延期となる...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tsutsuuryaurya1 村はずれにぬっと立つぶさカワには、悪疫も戦意喪失間違いなし! 詳しくはcakes連載で。 https://t.co/633tUFUbCS #ニッポン脱力神さま図鑑 #人形道祖神 #道祖神 #秋田旅行 https://t.co/oFpcqH4VPv 4日前 replyretweetfavorite