桃山商事の恋バカ日誌

浮気に気づいたのは、彼氏に友達がいなかったから!?

「失恋ホスト」として数々の恋愛相談を受けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」の3人が、さまざまな角度から恋バナ談義を繰り広げるこの連載。今月のテーマ「恋人の友達」最終回となる今回は、気になる彼の友達と会って交際を決めた話や、恋人の友達がいないことで浮気が発覚する話など、恋人の友達がきっかけとなるエピソードを語り合います。

【登場人物】

清田隆之
桃山商事・代表
1980年生まれの文筆業

森田雄飛
桃山商事・専務
同じく1980年生まれの会社員

ワッコ
桃山商事・係長
1987年生まれの会社員

恋人の友達が「保証」になる!?

清田 桃山商事の恋バナ連載、今月は「恋人の友達」をテーマにお送りしています。今回でこのテーマも最終回です。

ワッコ 前回はホモソ100%の回でしたよね。えぐみがすごかったから口直しが欲しい。

森田 じゃあ、知人女性に聞いたちょっといい話を紹介したいなと。同僚の結婚式の二次会に参加した時に、「いいな」と思った男性がいたから声をかけて、後日ごはんを食べにいくことになったんだって。メッセージのやりとりも感じよかったみたいで。

清田 二次会は出会いの場っていうもんね。女性のほうから声をかけたのもなんかいいな。

森田 ただ、当日待ち合わせ場所に現れた彼を見て、彼女は驚いてしまった。

ワッコ 何があったんですか?

森田 彼の服が、彼女からすると「エグザイルみたいな服」だったんだって。

ワッコ ザイル!?

森田 先のとがった革靴を履いて、ダメージジーンズを着ていたらしい。

ワッコ なるほど。ちょっとホストみもありますね。

森田 一方の彼女はファッション関係のメディアの仕事をしていて、服装はカジュアルなんだけど、端的に言ってすごくおしゃれなの。だから彼の服を見て「無理かも」と思ったんだって。

清田 トライブが違うなと。

森田 そうそう(笑)。二次会のときはスーツだったからわからなかったみたい。

ワッコ 会社とかでもありがちですよね。

森田 けど自分から誘ったっていうのもあるし、いい人だったから何度かデートしてみた。

ワッコ 性格は合ってたんですかね。そもそも声をかけたってことは、顔が好みだったんでしょうか?

森田 そうみたい。しかもデートで一緒にいる時の居心地もよかったんだって。話がぴったり合うわけではないけど、彼女の好きなカルチャーに関心を持ってくれそうな気配もして……けどやっぱりエグザイルだしどうしようと悩んでいたんだって。

ワッコ エグザイルが足を引っ張ってる(笑)。

清田 ファッション関係の仕事をしている彼女にとって、洋服は重要なファクターなんだろうね。エグザイル的な服が悪いわけではないけど、志向性が違いすぎるのは気になるところだと思うし。彼のテンションはどんな感じだったの?

森田 彼はすっかりその気になっていたようで……ある日、彼の高校時代の友達2人と会う流れになったんだって。

ワッコ 彼のその気を感じますね。

森田 彼女は待ち合わせ場所のお店で「エグザイルがくるんだろうな」と思って待っていた。

ワッコ トライブのメンバーが(笑)。

森田 でも現れたのは、想像とは全然違うカジュアルな雰囲気な人たちだった。2人とも短パンにスニーカーで、アウトドア寄りの緩い感じだったようで。

清田 また違うトライブの人たちが登場した。

ワッコ カルチャートライブ!

森田 彼女は何よりもまず「靴の先、とがってなくてよかった」と思った。

ワッコ そこ重要ですよね(笑)。

森田 友達の格好や雰囲気が自分と近しい感じがしたから、彼女は安心したみたい。話してみると、彼女の好きな本や映画の話題も出て、「この人たちとずっと仲がいい友達なら、私ともうまくいくんじゃないか」と彼女は思った。それが付き合う踏ん切りの一つになったんだって。

清田 彼の友達が、図らずも彼女の背中を押したわけか。自分の友達の紹介がある種の「保証」になることはよくあるけど、相手の友達が「保証」になるケースは珍しいね。

ワッコ 彼女の視点で考えると、自分の中で理由付けができたっていうのは大きい気がします。

清田 ファッションだけが引っかかってたわけだけど、そこは変えられるしね。

森田 その後二人は結婚して、彼女の影響で彼は超絶オシャレになり、靴の先も今では丸くなってます

ワッコ よかったよかった。

友達がいないパートナー

ワッコ ちょっと思ったんですけど、もしも彼氏に友達がいなかったら、こういう良いことは起きませんよね。

清田 俺の女友達で、「夫が友達もいないし趣味もなくて、土日は自分の用事に全部ついてくるから少しうっとおしい」と言ってる人がいた。

ワッコ それはうっとおしそう……。

森田 でも、そういうのがいいっていう人もいない?

清田 恋人が外の世界と接続していないことに安心を感じる人もいるし、より閉じた世界を好む人もいるよね。

森田 「世界に2人きり」状態になっちゃうのは、息がつまりそうだなとも思うけど。

清田 外出自粛の時は、それで別れたっていう人が結構いたと聞くよね。

ワッコ 前回出てきたようなやばいホモソ友達と遊ぶくらいなら、友達いない方がいいかもしれないですけど……そういえばわたしの元彼にも友達がいなかったんですよね。だから浮気に秒で気づいた

森田 そうなんだ(笑)。フルチン土下座をした例の彼だよね?

ワッコ フル土下の彼です。

清田 なんで気づいたの?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
桃山商事の恋バカ日誌

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事) /ワッコ(桃山商事)

2001年の結成以来、「失恋ホスト」として1000人以上の男女から恋のお悩みやエピソードを聞き続けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」がお届けする、新感覚の恋バナ談義。普段ほとんど語れることのない恋愛の様々なテーマを毎回ひとつ取り上げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません