東南アジアに来て半端なくストレスがかかる人たち

多様性と寛容の国として紹介してきたマレーシア。しかし、一方でマレーシアに来て、たまらなくストレスを抱えてしまう人もいるといいます。いったい、どういう人なのでしょうか。

この連載では、寛容なマレーシアの良い面をたくさん紹介しています。最近はテレビなどでも、マレーシアの広い家や生活コスト、過ごしやすい気候などが紹介されることが多いようで、希望を持ってここに来る日本人っていっぱいいます。

しかし、面白いもので、しばらく経つとマレーシアの不満が爆発する人も少なくないのです。

日本では不満じゃなかったことが、いろいろ見えてくるんですよね。


東南アジアに向かないタイプ

移住前に相談に乗っていると、「この人はもしかしたら、東南アジアは向かないかもなー」という人がいます。

いい悪いではなく、向き・不向きがある気がします。
どんな人が向かないか、というと、「キチンとした人」「ちゃんとしてる人」なんです。

キチンとした人って定義が難しいですが、「すごく先までキッチリした予定を立てて、その通りに行動したい人」です。

もっというと、全部のことにその人なりの正解があって、その通りに物事を慎重に進めていくタイプの人です。

「子供が生まれたら、小学校入学までに英語を学ばせて、エスカレーター式の私立小学校に入れて、国立大学に入れて、会社員にしたい」「子どもには小学校で綺麗な発音の英語を話せるようになってもらいたい」みたいな、先々の予定までキッチリ決めてるような方は、大体、途中で「こんなはずじゃなかった」ってなります。

何しろ、海外移住すると、ストレスの量が半端ありません。


海外移住で起きるいろんなコトとは
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマレ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

SAYAMA_MOVE 日本は、一歩一歩着実に進め、努力が比較的報われる国。ベトナムはその反対側、金コネ。 https://t.co/Zfj17YXhEV 5ヶ月前 replyretweetfavorite

yu_yurs |野本響子 @mahisan8181 |怒らない力ーーマレーシアで教わったこと 私はストレスたまるタイプだな。「きちんと話さなきゃ」って口聞けなくなるから。 https://t.co/vHnnR29yGA 5ヶ月前 replyretweetfavorite

Kohei_Dozono はい、ワイは常にイライラしてます。 5ヶ月前 replyretweetfavorite

_reiwa_0501 「日本人はなんで怒るの? 予定は決まってないから予定なんだよ」 5ヶ月前 replyretweetfavorite